釣りバカの陸上生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 太いワイヤーリブ

<<   作成日時 : 2017/03/16 06:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

どちらかというと繊細なフライを巻くタイプだと思っています。
ドライフライ派ですし、細く長いティペットを駆使する釣り方なので、フライは余計なものをそぎ落としたソリッドなものになっていきますね。
画像

だからでしょうか?
ニンフにおいてはリブは細いワイヤーを多用してきました。
ところが最近はその傾向から抜け出しつつある。
存在感のあるリブを志向するようになりました。
画像

フックはTMC2487#12です。
これに対してリブに使用しているコパーワイヤーの太さをご覧ください。
画像

いざリブとして巻くと存在感が際立ちます。
フライのデザインとして成立するように見えてきたんです。
特にヘッドのキ○○マとバランスしているように感じます。
キ○○マがなければオーバーボリュームに見えるでしょうね。
また機能面としてはフライ自身がタフになる効果があると思われます。
フラッシャブーとかティンセルのリブなんてすぐ切れますからね。
画像

リブが醸し出す虫っぽさ。
魚へのアピール度への影響はほぼなしと思いますが、タイヤーとしてはこういうところにはこだわりたいですね。

にほんブログ村ランキングに参加中
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
よろしければクリックを!
応援なにとぞよろしくお願いします。



<警告>
当ブログでは

○個人、団体を誹謗中傷もしくは名誉を棄損するコメント
○ブラックリストからのコメント
○不適切な表現を含むコメント
○記事に即していないコメント

は、内容問わず承認しません。 
これらのコメントが来た場合、速やかに当該プロバイダもしくは警察に通報します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 先回は差し出がましいとおもいましたが、今回の話題も失礼します。
 「太いワイヤーリブ」は私も用いますが、ホームセンターで購入されると安くて、長くて太さもタップリあります。
 そのうえ、銅線のほかに真鍮線(金色)、ステンレス線(銀色)も同様です。
 売っている一番細いワイヤで十分です。がステンは固いのでてごわいです。真鍮はこのフライサイズならやや固めながら捲け巻けます。ゴールドリブドになりますが、のちのち青銅色になりやすいので油分をつけておきます。
 モルターニンフが薄緑色になり、グリーンドレイクと嫌々思うことにしました。
FF
2017/03/16 10:17
FFさん

東京の下町に住む正平の近所に実はホームセンターってないんですよ。
金物屋はあるんですが(汗)
ほぼすべての場所に電車で行けるという利便性の反面、ここに行けば全てあるってところがないんですね。
便利なんだか便利でないんだか・・・
正平
2017/03/17 07:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
太いワイヤーリブ 釣りバカの陸上生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる