釣りバカの陸上生活

アクセスカウンタ

zoom RSS ツ抜けに導いたフライローテ

<<   作成日時 : 2017/03/20 06:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

とにもかくにもたくさん釣れてよかった。
3月の上野村は水温も低く、寒いのですがライズはするんです。
でも例年散発なんですよね。
でも今年に限ってはライズが連発したんだな。
ストーンフライとミッジがハッチしていましたが、活性を高めたのはなんといってもストーンフライ。
早春の上野村はストーンフライがカギですね。
画像

ファーストチョイスはCDCダン#17でした。
ところが、フライに出るもののフッキングせず。
放流直後とは言え何度も出てくれる連中ではありません。
ここではフライを変える必要がありました。
画像

次のチョイスはCDCソラックスダン#18でした。
フックサイズを落としたんですね。
一方で渓を観察していると間違いなく水面を流れてくる虫を食べている。
リアルの大きさは#16程度。
最初のチョイスは間違いではない。
ただ、流下が安定せず、しかも放流直後の魚なので食い方が上手くないのだろうと予想した。
だから#18。
その上でハックルパターンにした。
流れてくるものとしての存在感を持たせるために。
狙い目も流心から脇に変えた。
当初は流心でのライズだったんだけど、そのころは脇でもライズするようになっていた。
魚の方も流下の遅い脇の方が食いやすいはず。
結果は大成功。
バシバシでるしフッキング率も格段に向上しました。
画像

釣れるサイズは8寸から9寸だったので、口の大きさに対するフックサイズのアンバランスはなかったはず。
予想通り、水面のエサを食べるのが下手くそなだけだった。
流下も安定してなかったので魚の方もしくじってたんだね。
画像

時間の経過とともにフライにスレはじめた。
見に来るけどUターンするようになったんだな。
次のチョイスはCDCダン#17。
すなわちフライを元に戻した。
またバシバシモードを取り戻す。
これはリアルの流下が安定して魚の方も食いやすいのを選べるようになっていたから。
最初のころは本物も食いそこなっているのが見えたけどライズ後半は確実に仕留めていた。
だったらフライサイズをリアルに近づけてノーハックルにすることで魚の安心感を引き出そうとしたんだ。
これも当り。
画像

結果としてはCDCソラックスダンで7本、CDCダンで6本という戦績。
ミッジタイプがこれだけ活躍するのは久しぶり。
こういう状況は今後もまた訪れるかもしれないから、在庫を補充しておこう。

にほんブログ村ランキングに参加中
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
よろしければクリックを!
応援なにとぞよろしくお願いします。



<警告>
当ブログでは

○個人、団体を誹謗中傷もしくは名誉を棄損するコメント
○ブラックリストからのコメント
○不適切な表現を含むコメント
○記事に即していないコメント

は、内容問わず承認しません。 
これらのコメントが来た場合、速やかに当該プロバイダもしくは警察に通報します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
解禁おめでとうございます♪
順調なスタートですね(^^)
僕もCDCパターン巻こうかなあ・・・
troutriver
2017/03/20 21:09
troutriverさん

CDCパターンなしであんなに釣ってるんですか(゚Д゚;)
それまた凄いですよ。

スレた奴と相手するときは信頼感ありますよ。
正平
2017/03/21 05:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツ抜けに導いたフライローテ 釣りバカの陸上生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる