釣りバカの陸上生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 西小山の名店 玄海鮨

<<   作成日時 : 2014/04/23 06:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

西小山で一番高級そうな気配を漂わせている店です。
画像

東京都城南地区に各所出店している玄海鮨。
構えの割にはお値段はさほどではありません。

西小山で大人数収容できる寿司屋ってここだけじゃないでしょうか?
それほど値が張らないので地元の集会や宴会でいつも賑わっています。
ある意味居酒屋に気配が近いかも?
画像

画像

画像

大体ここには家族で来ます。
まずは酒のおつまみに幾つかの刺身と僕のここの定番げそ焼きを注文します。
息子の定番は鯵の刺身。
これを息子は醤油も薬味も何をつけずに「そのまま」食べます。
受けを狙ってやっているならやめなさいと叱った事があるのですが、どうやら本当に美味いと感じている模様。
ある意味原始人的な食べ方。
盤台の板長はいつも微笑ましく彼を見つめます(^^ゞ
画像

お酒はいつものこの店最低級の燗酒。
高級銘柄酒がお品書きに並びますが、そんなの頼んだらお会計がいくらになるかしれません。
画像

お通しがまたさっぱりしてますね。
美味しいです。
画像

画像

本日はにぎりの上に中落ちの巻き物を追加しました。
おつまみでお刺身を注文してますので、これくらいでお腹一杯です。

僕の教育論をちょっと。
子供に鮨を食べさせようと考える時、リーズナブルに回転すしにいくのは悪くない。
(僕も家族でよく回転すしに行きます。)
悪くないが時には鮨屋に連れていくべし。
そこで、鮨屋のマナーであるとか、ネタであるとかを生活の中で勉強すべし。
我が息子は4才くらいからカウンター(盤台の前)で鮨を食べさせています。
そしてお好みでは食べさせません。
あくまで1人前にチャレンジしてもらいます。

回転すしばっかりだと、例えば頼むのはホタテとサーモンとマグロのみでしかも醤油べちょべちょみたいな事が当たり前な風になってしまう。
江戸前1人前の中に込められた色々な魚を少しずつ味わいつつ、バランスよく、しかも季節感も感じながら・・・
板前さんとのちょっとした会話「今日はさよりのいいのが入ってますよ。」といったやりとりの中からの魚の学習。
今はスーパーでは魚の季節感を子供が感じる事が出来ない。
唯一鮨屋だけだと思うんですよ。

ちょっと安め(かなり安め)なここは息子への生活学習の場でもあるのですよ。

っとこじつけて実は僕が一番鮨屋で飲みたいだけなのはご承知置きと言う事で・・・(^^ゞ

にほんブログ村ランキングに参加中
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
よろしければクリックを!
応援なにとぞよろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
息子さんの学習、有りですね。最近は親もマナーが悪い?店内を子供が走り回り親は無関心。迷惑ですよね。昔私にも妻子がいた頃、一歳の息子が騒ぎだすと、真冬でも私と息子の二人で外に出て母親が完食するまで待って居ましたら、半年位で皆が完食するまでおとなしくまつ子に成りました。彼もまた醤油無しで刺身をパクパク食べる子でしたが彼が食べないなと思ったら活きが悪い魚でした。
ソース屋
2014/04/23 13:57
ソース屋さん

そうなんです。
僕の息子もそうです。
魚そのものが不味いのが焼いても分かるんだ。
こうなると親の魚の目利きが大事になってくるんですけど・・・これがダメなんだなぁ。
他の若い方々よりは自信はあるけど(^^ゞ
正平
2014/04/24 05:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
西小山の名店 玄海鮨 釣りバカの陸上生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる