イワナの日ヤマメの日

6月8日の最上白川は渇水していた。
でも水温は11度。
いつもより冷たいな。
そして流芯は何も起きない。
すかさず岸際に狙い目を変更。
画像

画像

やっぱりね。
こういう狙い目は先行者がいるとアウトだけど、一番で入れたようです。
瀬に入っているヤマメは渇水と低水温でエサを追ってくれないんだ。
興味を持ってくれるのは5、6寸の若いヤマメ。
画像

イブニングになってようやく良型が顔を出す。
既に夏のパターンでした。

そしてがっつり雨が降った6月9日をまたいだ6月10日
前日の雨で水量が回復しました。
水温は同じく11度。
ところが今回は流芯から出てくれるのよ。
画像

画像

雨後の増水で水況が戻ったからなんでしょうね。
本来はイワナよりもヤマメの活性が高い渓。
これが本来の姿という事でしょう。
画像

マヅメが近づきイワナも出るようになりました。
これもまたいつも通り。

混生域の渓はその日のパターンをいかに早く掴むかだね。

にほんブログ村ランキングに参加中
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
よろしければクリックを!
応援なにとぞよろしくお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

masaおやじ
2015年06月26日 20:02
こんにちは
「その日のパターンをつかむ」
流石ですいまだに摘みきれず苦労してます
勉強になります
2015年06月27日 07:36
masaおやじさん

先行者がいるいないもポイントになりますからね。
僕は・・・まずは脇を狙うかな?
ここにいなければ!ってポイントを狙ってみて荒れ具合を確かめることを入渓一番になっているような気がします。

この記事へのトラックバック

  • 今日の最上白川はどっちの日?

    Excerpt: 最上白川にはヤマメの日とイワナの日があります。 絶対とは言いませんが、ヤマメが多く出る日は数釣りになります。 一方イワナの日は貧果になることが多いかな? 両方が均等に出るってないんですよね。 .. Weblog: 釣りバカの陸上生活 racked: 2017-07-21 06:19