熊撃退スプレーの処分

僕が渓流釣りを始めてよりこんなにクマの話題が盛んだったシーズンはなかったと思います。
画像

20年くらい前に岩手県某所に釣りに行くに際して事前購入したコレ。
いよいよ長い封印を解くときか?と思いきや、実はこの手のスプレーには有効期限があることを恥ずかしながら初めて知りました。
ネット上の書き込みを分析するに製造より4年が有効期限で、長く使えても10年くらいでは?とのこと。
画像

最近のは缶の底部に有効期限が記されたシールが貼られているのだそうです。
僕のはそんなの貼っていない。
それだけ古いという事か。
いざというときに何の役にも立たないと認識しました。

まあ、そうなると新しいものってなるのですが、その前にこの未使用のコレをどう処分するのよ。
画像

僕の激古スプレーにもさすがに注意書きがついていました。
捨てるのならば使いきれと。

いかにすべしやとググってみました。
するとグーグル先生はこう返答してくれました。

他の人の迷惑がかからない場所(山の中など)で、風向きに注意をしてガスを全て噴射していただきます。
中身が空になりましたら、ビニール袋などに密閉して持ち帰り、分別回収(アルミ缶)か不燃物として処分してください。
なお、建物の中や住宅地、公園などの公共施設などでは、危険ですからガスの噴射は行わないでください。

これは東京に在住する身としてはかなり無理な相談です。
一定方向に風が吹く日をあらかじめ予想し、人気のない山中にこれを処分するためだけに行くっていうのは予定を組むにしても難しいよ。
(そんな近くに山ないし。)

さらにググると有効な情報にたどり着きました。
なんと無料で処分してくれる業者があると(^O^)/

その業者は護身用品を取り扱う会社で、その関連から廃棄処分してくれる、しかも他社製品もOKという太っ腹な対応です。
画像

定形外郵便で送ってくれとのことですので、さっそく作業に着手します。

にほんブログ村ランキングに参加中
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
よろしければクリックを!
応援なにとぞよろしくお願いします。



<警告>
当ブログでは

○個人、団体を誹謗中傷もしくは名誉を棄損するコメント
○ブラックリストからのコメント
○不適切な表現を含むコメント
○記事に即していないコメント

は、内容問わず承認しません。 
これらのコメントが来た場合、速やかに当該プロバイダもしくは警察に通報します。

この記事へのコメント

masaおやじ
2016年12月01日 18:02
こんにちは
へ~~そんな所あるんだ
出そうかな???
ウッチ-
2016年12月01日 18:08
スプレー缶って、使い切ったつもりでもいざ捨てる時になると、いつまでもプスプスと往生際悪くガスがでますよね。ましてや熊よけとなると厄介。でも、業者さんが見つかって良かったですね。
the-kingfisher
2016年12月01日 18:13
オラは7~8年で取り換えしてるすよ。
毎年解禁時に試射して噴射力を確かめてるけど、気温が低くても使えるか確認するためにね。
そん時、たま~に吸い込む時があって・・・
まともに食らったら悶絶するだと身をもって確認しとります(笑)
2016年12月02日 06:14
masaおやじさん

グーグルで
ベアスプレー 処分 代行
って検索すれば何社か出てきます。
概ね護身グッズを扱う会社のようですよ。
2016年12月02日 06:16
ウッチーさん

普段生活で使用している缶ならともかく、ベアスプレーともなると穴を開けるわけにもゆかず、立ち往生していました。
いいサービスです。
販売もしているので次のスプレーでご厄介になろうと思っています。
2016年12月02日 06:19
the-kingfisherさん

そちらはメッカですからね。
僕も調べて5~10年で交換する方が多いんだと思いました。
製造元が言う4年で交換しているという人はネットでは探し出せなかったなぁ。
高額なものですからね。

「たまに吸い込む」
それはヤバいでしょ(笑)

この記事へのトラックバック

  • ベアスプレー更新

    Excerpt: いつ買ったかもよく覚えていない、しかしながら買った店だけは覚えていた古ーいベアスプレーを処分してより、更新の時期を図っていました。 Weblog: 釣りバカの陸上生活 racked: 2017-06-08 06:12