モーラーナイフ コンパニオンMG

今回購入しましたのはモーラーナイフ コンパニオンというものです。
画像

求めた要件は

・アウトドア料理に使える事
・難渋しそうな藪こぎに使える事

一番目の要件はなんといっても刃の厚さがポイント。
サバイバル系ナイフのような刃が分厚いと食材は切れるというより割れてしまう。
刃厚は出刃包丁くらいが料理で使う限界であろうと。

二番目の要件については入渓ではなく退渓のとき。
そんな難しい入渓は行わないが僕のポリシー。
でも途中脱渓においてハードな藪こぎは十分想定でき、こんな時に手助けになってほしい。
あくまでエマージェンシーです。
画像

ということで刃厚は2.5mm
求めていた範囲で一番分厚い値です。
これなら調理と藪こぎ双方で利用できるでしょう。
刃長103mmも調理で使いやすい値です。
画像

グリップも握りやすい。
これなら軍手装着で藪枝をバスバス切れそうです。
画像

ステンレスにしました。
そんなに利用頻度が高くはならないと思うので。
多分、数年周期で刃を研ぐメンテナンス頻度となるでしょう。
画像

試し切りをしてみました。
切れ味はいいですよ。
買ってすぐ研ぐつもりだったのですが、その必要はなくなりました。
画像

難点があるとすればこの鞘。
なんといいますか・・・しょぼいよね。
¥2000くらいのナイフですから贅沢は言えないのですけどね。
鞘と刃が接触していないのでさびにくいという利点はあるものの、ちょっとこの鞘固くて、ナイフ本体を取り出す際にちょっと怖いです。

でも、問題点ってそれくらい。
全体的に安っぽいのですが、実際安いんですし、機能性はお値段以上だと感じました。

にほんブログ村ランキングに参加中
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
よろしければクリックを!
応援なにとぞよろしくお願いします。



<警告>
当ブログでは

○個人、団体を誹謗中傷もしくは名誉を棄損するコメント
○ブラックリストからのコメント
○不適切な表現を含むコメント
○記事に即していないコメント

は、内容問わず承認しません。 
これらのコメントが来た場合、速やかに当該プロバイダもしくは警察に通報します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック