ホワイトヘンハックルのタイイング手順

今回上野村のニジマス用に巻いたホワイトヘンハックル。
どんなものだったかというと。
画像

フックはTMC100#10を採用しました。
上野村のニジマスはデカいんで。
画像

ボディーはレッドフロスとティンセルです。
画像

ヘッドにこれくらい残します。
画像

ヘンハックルのホワイトなんて持っていたんですよ。
元はソラックスダンのウィングに使っていたんですよね。
耐久性がないので使わなくなりました。
画像

長めのハックルを選びます。
画像

ハックルの裏側を表にして2,3回転といったところでしょうか?
画像

こんな感じに巻き留めたら
画像

ハックルを成形します。
画像

そして今回はヘッドセメントを使いました。
画像

普段はヘッドセメントは使わないのですが、ウェットの場合どうしてもヘッドが大きめになります。
ほどけるリスクを削減するための手順となります。
画像

上野村のニジマスはファンシーなカラーが目の前を横切るととっさに反応することがあります。
ルアー的な使い方になりますが、ルアーよりも着水も静かでスローに引くことができるので、より有効なのではないでしょうか?

期待したいと思います。

にほんブログ村ランキングに参加中
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
よろしければクリックを!
応援なにとぞよろしくお願いします。



<警告>
当ブログでは

○個人、団体を誹謗中傷もしくは名誉を棄損するコメント
○ブラックリストからのコメント
○不適切な表現を含むコメント
○記事に即していないコメント

は、内容問わず承認しません。 
これらのコメントが来た場合、速やかに当該プロバイダもしくは警察に通報します。

この記事へのコメント

FF
2017年03月18日 06:10
 おはようございます。ウエットフライですね。
昨日、シルバーサルタン巻きましたが、ウエットフライでは釣ったことがありません。でも美しいのでストックしてます。いつかの出番待ちです。
 私も山形県は置賜地方に出没多いです。米沢はここ会津から1時間です。全県1区の入漁証を20年前から確保してます。会津はアユの関係か漁協が多すぎます。
 ご紹介のホルモン店はしりませんでした。うまそうですね。
2017年03月19日 08:28
FFさん

ホワイトヘンハックルの威力は長野県川上村で出会ったとある釣り師さんが爆釣していたのを見させてもらって以来認識済でした。
凄いフライだと思います。
これまた昔はなしですが、鶴沼川で釣っていた時に現地の方が栃木県の人が福島に釣りに来て、福島県の人は山形県に釣りに行くっておっしゃっていましたよ。
みなさん県外の渓が魅力的に見えるんでしょうかね?
なみかたのことですね。
羊肉専門店です。
これまた地元の釣り人が教えてくれました。
感動しますよ。
一度是非!

この記事へのトラックバック