神流川村役場前からの濁りの現況

3月は問題なかった乙母地区より下流の水況。

4月に入ってより濁りが激しくなりました。
画像

濁りの原因とされる堰堤に行ってみました。
上野村役場より神流川左岸の道路を2キロほど進んだところにあります。
画像

この通り山肌が出ています。
雨が降ると確かにこの山肌の土が渓に流入し、茶色に濁るということは考えられますが、あの時はそんな豪雨でもなかったと記憶してます。
4月8日の釣行においては午後から茶色に濁ってきたので、果たしてここが原因かなぁ?という気がします。

一方緑色に常態的に濁っていることについては、堰堤上より水はすでに濁っています。
堰堤上流部のどこかで4月から土砂を出しはじめたのでしょう。

工事をしているとのアナウンスは聞こえてきていないので、新たに大きな損傷個所ができたということなのでしょうか?
逆に工事である方がニュースとしてはありがたい。
工事は終われば水況は元に戻りますからね。
川の損傷だとすればこれから工事しなければなりませんし、予算という話になってしまうので長期化が懸念されます。

その先の探索は行いませんでした。
一応釣りをしに来てるんですし、釣りしたいですから(笑)
この堰堤までで切り上げました。
画像

この通り丸裸です。
岸を歩けば足を取られるので地盤がまだ安定していません。

ですが、これまた幸いなことに、こんなに濁っていても釣れてるんですよ。
そりゃ水況がいつも通りであればもっと釣れるんでしょうけど、この濁りでドライフライなんかでも釣果があるっていうのはそれは凄い事です。

なので、早く川そのものが安定してほしいと願うばかりです。

にほんブログ村ランキングに参加中
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
よろしければクリックを!
応援なにとぞよろしくお願いします。



<警告>
当ブログでは

○個人、団体を誹謗中傷もしくは名誉を棄損するコメント
○ブラックリストからのコメント
○不適切な表現を含むコメント
○記事に即していないコメント

は、内容問わず承認しません。 
これらのコメントが来た場合、速やかに当該プロバイダもしくは警察に通報します。

この記事へのコメント

FF
2017年04月20日 07:46
 おはようございます。
 昨日積雪が少ない会津中部に行きました。やや増水するも天気が持ちそうなので。
 結果は、キン○マニンフで35㎝岩魚でした。その後ドライflyにも反応することがわかり、春になりつつあります。水温は8度。
 お城も桜が咲きました。明日は、満開ではないもののお花見です。ビール飲めるかなー。
 さすがにこのサイズは、ネットインまでドキドキでした。 
2017年04月21日 05:19
FFさん

桜の開花と雪代は相関しますが、ここの濁りも確かに雪代にも見えます。
木の葉とかが流れてきますし、水温も低い。
ですが上流がクリアなのでやっぱり工事かどこかが壊れているんだと予想しています。

この記事へのトラックバック

  • 神流川のリザーブ探し

    Excerpt: 隊長!図書館に行くとママさんから聞きました。 同行させてください('◇')ゞ Weblog: 釣りバカの陸上生活 racked: 2017-08-07 05:42
  • 台風一過

    Excerpt: やっと晴れました。 Weblog: 釣りバカの陸上生活 racked: 2017-10-24 08:04
  • 結局上野村の年券にした

    Excerpt: すごく迷ったのですが、結局申し込みました。 Weblog: 釣りバカの陸上生活 racked: 2018-02-17 09:16