ラインドレッシング

ドライフライが沈むんですよ。

渡良瀬川支流の釣り
水量が乏しい中なんでだろうって思う中、一つ原因として頭に浮かんだのがラインの汚れ。

僕のようなロングティペットリーダータイプはドリフトそのものでラインの浮力はあまり影響しない。
むしろリーダーティペットの浮力の方が影響因子大。
だからフロータントは気を使うし、研究している。
一方でラインのドレッシングには無頓着。
でも、どうやらピックアップの時にラインと水面との緩衝が悪く、フライを沈めてしまっていることが判明した。

なんで今頃そんな問題が・・・
そうだよ。
ずーっと汚い渓で釣ってたもん。
the-kingfisherさんからのコメントでハタと気づいた。
そこで、この休日、前回のドレッシングがいつかすらも覚えていないほど久しぶりのラインドレッシングに着手したのであった。
画像

バリバスのラインは短いのですぐに終わるであろう。
画像

それにしても、たったこんだけか。
今シーズンもつかな?
画像

そしてこのトラディッショナルなラインクリーナー。
フライフィッシングを始めて間もない20年くらい前に購入した代物。
どんだけメンテしてないんだ(-_-)zzz
画像

フタをあけると「おー、あと少しじゃん。」
無論褒められた話ではない。
画像

恐ろしいほど汚いことが予想されるのでティッシュでドレッシングします。
画像

ぎょえっ、汚ねー(◎_◎;)
画像

二回目のドレッシング。
画像

衰えることがない(-"-)
画像

繰り返すこと数知れず。
ようやく許容範囲になりました。
画像

少し色鮮やかになったような気がする。
画像

これからこまめにやるようにするよ。

にほんブログ村ランキングに参加中
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
よろしければクリックを!
応援なにとぞよろしくお願いします。



<警告>
当ブログでは

○個人、団体を誹謗中傷もしくは名誉を棄損するコメント
○ブラックリストからのコメント
○不適切な表現を含むコメント
○記事に即していないコメント

は、内容問わず承認しません。 
これらのコメントが来た場合、速やかに当該プロバイダもしくは警察に通報します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぴょん吉
2017年04月30日 07:11
同じく、、、
始めたばかりの頃 液体タイプのものと C&Fの 何て言うんだろう?パッド付きでロッドに取り付けてリールを巻く式のを買いましたけど
多分一回しか使わなかったような😅
2017年04月30日 09:16
ぴょん吉さん

救いは腐るものではないということです。
ということで僕のクリーナーもあと5年はもつかもしれません(笑)
FF
2017年04月30日 18:13
 そう、以前はよくクリーニングやってました。
家用と現場用に2個。それが近ごろは・・・。
 すぐまねしました。案の定まっくろくろすけでした。
となると、早く使いたいもんですねー。

 昨日、20分で行ける東山温泉の奥山にいくと、まだ雪代の残水からか増水中。でもドライに出るようになりました。チビちゃんが。
the-kingfisher
2017年04月30日 22:05
ラインのメンテは大事だす。
これで、ドラッグも掛かりにくくなるべね。
オッサンの、疲れた心を綺麗にするクリーニングキット、あるとしたら釣りだべか?
2017年05月01日 05:38
FFさん

釣行のたびとまではいいませんが、定期的にドレッシングしなくちゃいけませんね。
フライ自体もどうやら汚い渓に流すと浮力を失うようで、リフレッシュリキッドとか検討に入ります。
2017年05月01日 05:40
the-kingfisherさん

んだんだ(^-^)
きれいな渓ときれいな渓魚とたくさん出会うことがおっさんの心のクリーニングキットに間違いねぇ。

この記事へのトラックバック