渓の宝物

僕は渓に入ったら釣りしか頭にありませんでした。
ですが今回、別の楽しみもあることを知りました。
画像

河原の倒木に見える茶色いもの。
なめこだそうです。
しかもかなり早いとな。
上越在住の方からして早いとおっしゃるのですから相当の早物なんでしょう。
釣りそっちのけで採集します。
画像

お裾分けしてもらいました。
家に帰ってキノコ汁に。
美味しかったなぁ。
天然ものの滋養は素晴らしい。

釣りしながら、山菜採りながらって方々の楽しみってこういうことだったんだと改めて実感。
多分僕は釣りの最中、こんな場面に何度も遭遇していて、全部スルーし続けていたんだ。
ちょっともったいない気持ちになった。

さりながら僕には山菜やキノコの知識ゼロ。
間違えて毒系口に入れそうな気がしてならない。

勉強するにしてもねぇ。
東京在住だと実践機会乏しいし。

ということで、同伴の方からのお裾分けにあやかるスタンスでこれからもいかせてください('◇')ゞ
その代わり釣りのよいポイントはいくらでもお譲りします。

にほんブログ村ランキングに参加中
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
よろしければクリックを!
応援なにとぞよろしくお願いします。



<警告>
当ブログでは

○個人、団体を誹謗中傷もしくは名誉を棄損するコメント
○ブラックリストからのコメント
○不適切な表現を含むコメント
○記事に即していないコメント

は、内容問わず承認しません。 
これらのコメントが来た場合、速やかに当該プロバイダもしくは警察に通報します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

FF
2017年09月30日 17:07
 そうなんですよ。
 私も20数年前に気づいて、キノコを少し覚えました。山菜は皆緑色だけど、キノコなら色つきと思い山渓の図鑑を買いました。
 コツは死ぬか死ぬほどのキノコを覚えるとまず良いなと。
 そして気づいたのは樹上性キノコなら、ニガクリタケ
とツキヨタケとを覚えればいいのです。
 ニガクリタケ(死亡例あり)はちょっとかじるとものすごく苦いのでわかります。あとは、ツキヨタケです。
 芯黒(バジャー八ックルみたい)ですから、縦に割るとすぐわかります。群生してるので10個も割ると気づきます。食中毒状態にはなって下痢とモドスことが続きますが、死にはしません。
 それ以外はまずいか固いかだけですから。ただ土と化しつつある樹は地上性のキノコと考えております。

 都内は公園の枯死寸前の木(葉が弱ってる)でよく喰菌は見つけられます。
 私は散歩でエノキタケを見つけたのがきっかけです。
 まずは地上性キノコはやめてみることです。タマゴタケ(色)とか松茸(香り)とかは間違えようがありませんが。 
 地上性で「マッシロで軸がうろこ状」なのと「赤くて鶏のトサカ状」のキノコは触れてもいけません。
 
Blue Wing Olive
2017年09月30日 22:39
想定外の収穫は嬉しいものです。
キノコ目的で山に入っても収穫無いことありますので。
なめこも栽培物と天然では風味がかなり違いますね。
2017年10月01日 06:02
FFさん

なるほど、樹上か地上かがまず大分類なんですね。
まずはフライばっかり追いかけないで周囲の景色も気を配るようにします。
特に樹上ですね。
2017年10月01日 06:05
Blue Wing Oliveさん

釣りでボもあればきのこでボもあるということですね。
それはそれで自然相手ですからしょうがないですよね。
できれば両方ボは勘弁してほしいと。

天然なめこは風味が全然違いました。
これは釣りどころではなくなるわけだと思いましたよ。
てぃこま
2017年10月01日 13:05
これは本当に旨かった
ボクもウチに帰ってから味噌汁にしましたが
出汁がでて旨かったです。
今シーズンこちらはキノコはいまいちです。
ぴょん吉
2017年10月01日 19:41
ドンタコスさんと行動すると それがあるんですよ(笑)
今年の春の山菜パーティーは海無し県勢も参加して盛り上がったんですよ
正平さんも来年は是非どうぞ
2017年10月02日 06:22
てぃこまさん

美味かったですねぇ。
当方はキャンプと同じキノコ汁にしました。
汁の旨みが断然違うんですよね。
東京では滅多に味わえない味です。
2017年10月02日 06:36
ぴょん吉さん

あらためてドンさんすごいと思いました。
僕なら完全スルーです。
天然キノコのレーダーが備わっているんでしょうね。

この記事へのトラックバック