レッドテレストリアルのタイイング手順

前回リリースしました新作フライをレッドテレストリアルと命名しました。
安直な名前ではありますが、アカをフューチャーしているだけのフライなので、勘弁してください。
画像

フックはTMC112Yの#13を採用しています。
スレッドは8/0のブラックです。
ウィングスポットの位置はややアイ側。
ヘッドは小さめですね。
画像

テールはムースボディーヘアを3,4本。
水面姿勢を安定させ、ゲープ側の浮力を稼ぐための目的だけに取りつけました。
画像

テーマの赤をどんなマテリアルで表現するか?
アントロンヤーンを採用してみました。
ショッキングレッド、そしてマテリアルそのものに撥水性がありフロータントとの相性もよいはずです。
画像

画像

テール側に取りつけて巻きつけます。
画像

ピーコックをソラックスとしてセットします。
画像

チョコレートブラウンのハックルを6回転くらい巻きました。
ちょっとハックルが長かったかもしれません。
ハックルを厚めに巻く理由は存在感の強化。
そもそもファンシーフライなので魚にアピールしないと。

激暑い盛夏の日中に使ってみます。
冷たい水の中に浸りながら激流の向こうの緩流帯を狙う。
今はそんなイメージです。

にほんブログ村ランキングに参加中
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
よろしければクリックを!
応援なにとぞよろしくお願いします。



<警告>
当ブログでは

○個人、団体を誹謗中傷もしくは名誉を棄損するコメント
○ブラックリストからのコメント
○不適切な表現を含むコメント
○記事に即していないコメント

は、内容問わず承認しません。 
これらのコメントが来た場合、速やかに当該プロバイダもしくは警察に通報します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

the-kingfisher
2018年02月19日 11:07
まるで、赤いシャア専用機?
んでは、正の赤い彗星と呼ぶべかね~?
2018年02月20日 07:27
the-kingfisherさん

”赤い彗星”のタイイング手順・・・
いいかもしれない( ^^) _U~~

この記事へのトラックバック

  • ハックルとテールを変えてみた

    Excerpt: 今回採用したレッドテレストリアル(赤い彗星)ですけど、気に入り始めました(^_^)v Weblog: 釣りバカの陸上生活 racked: 2018-02-20 07:30