ギヨン管症候群

二か月前からこういう疾患と戦っています。
画像

左手の小指の先がしびれるというもの。
実は手首に近いギヨン管というところを通っている神経が圧迫されてしびれているというもの。
手のひらに強い負荷がかけられると疾患するのですが、僕はこれを大胸筋系ワークアウトで限界寸前の重量を上げようとしたときにやられました。
画像

生まれて初めてMRというものを撮りました。
神経を明らかに圧迫している障害は見当たらず。
実は「コレ」という障害を発見出来たら手術で取り除くことで完治に大きく前進することができたんです。
そういう点からすると残念。
手術以外の治療法は「安静にする」だけ(-_-;)
もちろん、それはすごく時間のかかることです。
画像

とはいえ、ずーっとワークアウトできないっていうのもどうなんだろう?
要するに手のひらに負荷をかけなきゃいいのでは?
ということで買いました。
画像

グローブです。
フィットネス用のグローブってあるんですよ。
しかもこれ、手のひらにシリコン入ってるんです。
これなら故障部位に負荷がかからないでしょう。
画像

装着してみました。
Mサイズでちょうどピッタリ。
プロっぽく見えてしまうのが難点ですが、まあ仕方ない。

二か月大胸筋鍛えていないですからね。
もともと僕、胸薄い方ですし。
まずは腕立て伏せくらいから。
腕立て伏せするのにグローブかぁ(-_-;)
地道にやるか。

にほんブログ村ランキングに参加中
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
よろしければクリックを!
応援なにとぞよろしくお願いします。



<警告>
当ブログでは

○個人、団体を誹謗中傷もしくは名誉を棄損するコメント
○ブラックリストからのコメント
○不適切な表現を含むコメント
○記事に即していないコメント

は、内容問わず承認しません。 
これらのコメントが来た場合、速やかに当該プロバイダもしくは警察に通報します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ギヨン管症候群を悪化させないワークアウトのために

    Excerpt: ギヨン管症候群というのはやっかいな障害です。 なんにせよ手のひら(手首に近い方)に荷重をかけてはいけないので、おおむねのワークアウトメニューがアウトです。 小指の先のしびれは取れません。 もう、.. Weblog: 釣りバカの陸上生活 racked: 2018-09-02 09:32