ギヨン管症候群を悪化させないワークアウトのために

ギヨン管症候群というのはやっかいな障害です。
なんにせよ手のひら(手首に近い方)に荷重をかけてはいけないので、おおむねのワークアウトメニューがアウトです。
小指の先のしびれは取れません。
もう、ずーとこんなじゃないかな?って思い始めました。
じゃあ、負荷は軽いものの上半身のワークアウトは再開しようではないか!

大胸筋のトレーニングと言えばダンベルフライ、ダンベルプレス、プッシュアップが一般的。
とりあえずダンベル系は片手3キロからスタート。
軽い負荷ですが、ギヨン管症候群が悪化してはいけません。
その辺は慎重に。
画像

一方でプッシュアップは床にべったり手のひらをつくので実は一番患部に負荷がかかる。
なんか握ってやったほうがいいなと思い買いました。
プッシュアップバー。
これであれば患部をうまく外して腕立て伏せができる。



さっそくやってみました。
画像

見た目ゴツそうですが軽いです。
画像

組み立ても簡単。
バラシて収納します。
トレーニング前に組み立てる感じですね。
なので部屋で場所をとらない。
画像

手のひらの保護はこのグローブで。
これで自重くらいの荷重であれば患部に影響を与えません。
画像

高さはこれくらい。
プッシュアップは深くいれるほど大胸筋に効きます。
なので床に手をつくよりはワークアウト効果を期待できる。
画像

このモデルさんの手首のフォームを意識してみました。
大事なのはそこ。
患部に負荷をかけないような手首のフォームはこれから模索しなければなりません。

ではメニューとしてはどうだったのか?

ハッキリ言いましょう。
ちょーキツイっす(◎_◎;)

普通の腕立てよりも負荷が高いように感じます。
いつもの半分くらいの回数しかできなかった。
それだけ大胸筋に効いているってことなんでしょう。
それでいて患部への心配も小さい。

発症からほとんど上半身メニューができなかったんで。
これで大丈夫だ。
よいソリューションです。

にほんブログ村ランキングに参加中
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
よろしければクリックを!
応援なにとぞよろしくお願いします。



<警告>
当ブログでは

○個人、団体を誹謗中傷もしくは名誉を棄損するコメント
○ブラックリストからのコメント
○不適切な表現を含むコメント
○記事に即していないコメント

は、内容問わず承認しません。 
これらのコメントが来た場合、速やかに当該プロバイダもしくは警察に通報します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック