リバースヘッドについて

もともとは左利きギタリストが右利き用ギターを使う際に発生した事象だと思っています。
これを右利き用ギターでネックだけ左利きにしたときのヘッドの形状をリバースヘッドといいます。
画像

左側をリバースヘッドと言います。
ストラト型のネックなんですがペグが全部下を向く。
これはこれで弦の張替えとチューニングが慣れないと面倒くさいという弊害があるのですが・・・
画像

低音弦の弦長が長くなり、テンションが強くなるのでハリのある音になるんです。
逆に高音弦は弦長が短くなります。
高音弦のテンションが弱まるとよりアグレッシブなチョーキングやビブラートをかけられます。
画像

僕の狙いはそこにあったんです。
プレイスタイルがハードロック系なので、低音弦を多用したバッキングプレイ、高音弦を多用するソロプレイが基本線となります。
そこで違いを生み出したかったのがこのリバースヘッドにこだわった理由となります。

とはいいながら、やっぱりリバースヘッドはカッコいいですよね。
実はほとんどの要因がそこだったりして(^-^;

にほんブログ村ランキングに参加中
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
よろしければクリックを!
応援なにとぞよろしくお願いします。



<警告>
当ブログでは

○個人、団体を誹謗中傷もしくは名誉を棄損するコメント
○ブラックリストからのコメント
○不適切な表現を含むコメント
○記事に即していないコメント

は、内容問わず承認しません。 
これらのコメントが来た場合、速やかに当該プロバイダもしくは警察に通報します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック