Bacchus+Seymour Duncan SSL-5 Sound make

マーシャルダイレクトインによるクリーンサウンドとクランチには大満足のこのギター。
画像

ところが、ハイゲインが決まらない。
画像

当家にはまだアンプがないので(正確にはスピーカーがない)マルチエフェクターのヘッドフォンコネクトより音作りを行います。
画像

プリアンプセッティングですが、こちらはハムバッカー搭載の別のギター用のハイゲインパラメータ専用とします。
このパラメータでこのギターを使うと音が暴れて大変なことになってしまいましたので。
画像

別のプリセットにオーバードライブ/ディストーションがあるので、こちらでハイゲインサウンドをこしらえます。
ダイレクトインだとFUZZでこのパラメータが良さそう。
画像

クリーントーン用のコンプレッサーのパラメータも作ってみました。
画像

画像

モジュレーション系はフェイザーとコーラス。
フェイザー好きなんですよね。
コーラスはほとんど出番なし。
画像

ディレイは絶対アナログ派です。
実は、もう1パターン欲しいんですよ。
MXR買おうかなぁ。
画像

トレモノの調整も完了し、単体・エフェクトについては完了です。
週末スタジオでハイゲインサウンドチェックして最終チェックの予定です。

にほんブログ村ランキングに参加中
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
よろしければクリックを!
応援なにとぞよろしくお願いします。



<警告>
当ブログでは

○個人、団体を誹謗中傷もしくは名誉を棄損するコメント
○ブラックリストからのコメント
○不適切な表現を含むコメント
○記事に即していないコメント

は、内容問わず承認しません。 
これらのコメントが来た場合、速やかに当該プロバイダもしくは警察に通報します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック