課題は次々と出てくるものなのだ

ハイゲインのセッティングがうまくはまらないバッカスのギター。
画像

今回決着をつけるべくスタジオイン。
二時間こもります。
画像

まずもってシングルコイルであるということを頭からはずさないようにしました。

振り返ると、ずーっとハムバッカー。
シングルコイルのギターなんて学生の時にもっていたフェンダージャパンのストラト以来。
そのギターも結局最後の方はクリーントーン専用になってましたので、シングルのハイゲインサウンドは30年来の課題ってことなんですよ。

その上でイメージとしてはジミヘンを頭に置くとひとついいハイゲインパラメータが決まりました。
画像

そこからまた演奏する曲をイメージしてパラメータを変えていくとちょっとモダンな感じのハイゲインサウンドにたどり着きました。
うん、これはいいかも。

これで一件落着。
にはなりませんね。

ノイズどうしようかね(-"-)
これまた凄いんだ。
シングルの場合ノイズも音の一部って考えもあるけど。
イングウェイなんてノイズ全然聞こえないけどどうなってるんだろう?
(ノイズゲート使っているのかな?)

これまた新しい課題という事で、タスクがまた新たに立ち上がりました。

にほんブログ村ランキングに参加中
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
よろしければクリックを!
応援なにとぞよろしくお願いします。



<警告>
当ブログでは

○個人、団体を誹謗中傷もしくは名誉を棄損するコメント
○ブラックリストからのコメント
○不適切な表現を含むコメント
○記事に即していないコメント

は、内容問わず承認しません。 
これらのコメントが来た場合、速やかに当該プロバイダもしくは警察に通報します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック