クラークスのワラビーシューズ

今勤めている事務所がカジュアルOKなので、スーツとビジネスシューズの出番がすっかりなくなりました。 では、カジュアルシューズってなんだろね?って考えた時、僕が真っ先に思いつくのが、実はワラビー。 で、ワラビーと言えばクラークスなんですよ。 僕の場合。 高校の時、凄く流行ったんだ。 それとエリッククラプトンがライブで履い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ギヨン管症候群

二か月前からこういう疾患と戦っています。 左手の小指の先がしびれるというもの。 実は手首に近いギヨン管というところを通っている神経が圧迫されてしびれているというもの。 手のひらに強い負荷がかけられると疾患するのですが、僕はこれを大胸筋系ワークアウトで限界寸前の重量を上げようとしたときにやられました。 生まれて初めてMRと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あかいのが戻ってきました

電気系統障害で入院中だったメインギターが戻ってきました。 ずいぶんとデカい箱に入って配達されました(^-^; これは凄い。 配送中の事故はまずもってないな。 箱の中も絶対に動かないように梱包材だらけ。 ちょっと高めの梱包料金だったんですけど、これなら納得。 当然と言えば当然なんですけど見た目は変わらず。 電気系…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライブが決まりました

11月23日にライブを行う事となりました。 ライブと言っても学生時代のサークルOB達によるプライベートライブ。 一般客は入れません。 まあ、直にそういうイベントも計画されるでしょう。 さて、今回は歌います(◎_◎;) 実が僕、演奏しながら歌うのが好きではなかった。 歌が下手ってことではない。 ギタリスト然として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポールリードスミス 性能は?

前回紹介したPRS。 ギターとしてどうなのか? についてお話ししたいと思います。 弾きやすいか弾きにくいかはほぼネックにかかっています。 PRSのネックは独特ですね。 指板がワイドでネックが薄い。 慣れるまでちょっと時間がかかりそう。 そして何よりフェンダースケールとギブソンスケールの中間というスケール長。 これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オークションでの掘り出し物

最近オークションサイトをうろついているんです。 目星はギターですね。 実は古いエフェクターたちをオークションに出そうと思ったのが動機だったのですが、目線はすぐに「売る」より「買う」になってしまいました(^-^; 偶然見つけたポールリードスミス(以下PRS) 一目ぼれですね。 即決させました。 ケース付きです。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ギターの音が決まったよ

先週未完了だったタスク。 昨日二時間スタジオに籠って音作り。 クリーントーンとそのソロ、ディストーショントーンとそのソロ、リバーブ、ディレイ(エコー)とそれぞれ完成させました。 ギターはビルローレンス。 このギターにしては固い音にしました。 パラメータはごっそり全部変更しました。 ここまで変えたら昔と全然違う音に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタイルが決まったら爆買いするタイプです

悩みに悩んだピックの厚さがようく決まったのは先般投稿した通り。 そうなると需要に関わらず爆買いしてしまうタイプです。 大事に使えば数年分ですが、こういうのって失くすんですよね。 1年くらいで半分くらいになってしまうかも? 1ダース千円切るとうれしいですね。 ということで、これごと失くさないようにしよう(^-^;…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音決めに入ります

指もだいぶん動くようになり、本気でやっていたころの半分くらいまで技術力は戻ってきたと実感しています。 次はどんな音にするか?ってとこですね。 昔使っていた機材を引っ張り出しました。 上からプリアンプ、パラメトリックイコライザー、パワーアンプ。 アンプの世界においては音を作るプリアンプ、音を増幅するパワーアンプに機能分割できま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶品天丼屋さんに巡り合いました

溜池勤務となって半年になろうとしています。 赤坂に近いこの立地。 さすがです。 美味いものだらけですね。 前勤務地との違いに驚いています。 ということで、ちょこちょこと僕の感動をお伝えしていこうと思っているのですが、まずはここ。 金子屋さん なんと天丼専門店( ^^) _U~~ 出てきたお茶がまず凄い。 黒豆入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フライボックスがこんなところで役立ちました

ピックの問題は解決させました。 1mmで行きます。 過去は1.5mmを利用していたのですが、その時のピックとは材質が異なります。 このピックは炭素系といいますか、固い。 よって薄くしてもしっかり音は出ます。 問題はカッティングが弦にピックの先が当たり過ぎでうまくいかないのでさらに薄くするかどうかを悩んでいたのですが、練習の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ビルローレンス

あかいのが電気系統障害で大阪のギタークラフトに入院中なので今はこっちを使って練習しています。 ビルローレンス。 知る人ぞ知る銘機です。 バレイアーツを「あかいの」って呼んでいるのに対してこっちは「しろいの」です。 ピックアップはシングルの姿をしたハムバッカーです。 フェンダーストラトをより太くした音になります。 かと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大阪へ その5

尼崎北小学校を後にして富松神社へ向かいます。 子供のころ楽しみにしていた盆踊り。 その会場です。 そしてその盆踊りの櫓が組まれていたところに新しい社殿が建立されていました。 ってことはもう盆踊りはやってないんだな。 みんなのご多幸を祈念してまいりました。 お昼どうしよう。 さすがにその当時からやってそうな店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪へ その4

小学校への道のりも記憶が頼りです。 でもね。 全然迷わなかった。 さすが6年間も通うと覚えているもんですね。 周辺はほとんど変わってて。 時々その当時の建物が枯れたように散見できるくらいだったのに。 スンナリ到着。 感想は意外と遠い。 よく通ったなぁ。 ドロンジョさまみたいな校章なんです(笑) 正面の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪へ その3

土曜日は昔住んでいた街に行きます。 懐かしの阪急梅田駅。 ほぼ変化なし。 そして隊長垂涎のワンカット。 阪急電車、東京の電車と車両番号がついているのが逆なんだそうです。 すげー、よくまぁそんなことに気付くな。 ちゅーか、その好奇心をもう少し勉強に向けてもらえないだろうか(^-^; 降車したのは武庫之荘駅。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大阪へ その2

夜は大阪支店の人たちと飲みです。 肥後橋にある「ましか」って店に連れていってもらいました。 ここは美味しい。 ショーケースに並んでいる料理やワインを選ぶんだ。 そしたら持ってきてくれる。 店内はゲキ狭(^-^; でも、これくらいの距離感がお酒を楽しくするね。 もっかい来たい。 目の前がとにかく狭いんで料理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪へ その1

金曜日、土曜日と大阪に行ってきました。 予告通りギターをオーダーメイドするためです。 モデルとなるギターを持って出動。 このギターを基本線として改良点を打ち合わせて新しいのを作ってもらいます。 新大阪から京都線で千里丘まで。 隊長が同行していたら狂喜乱舞のコースですね。 で、やっぱり道に迷った。 人通りの少…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ギターをオーダーメイドします

僕も持っているギターは全部30年前に購入したもの。 楽器というのは古ければそれなりにいい音が出るもので、特にボディーの鳴りは素晴らしい。 ですが、年代的には引退させたいところで新しいギターの必要性が高まっているのです。 ということで楽器屋になんどか足を運ぶのですがしっくりしたものがない。 もう先も短いしたくさんの中からチョイ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

チューナーのコスパは格段に高まりました

先週隊長と一緒に渋谷に行ったんです。 その様子は6月4日の記事に書いているんですけど、正平は楽器店で何買ったのかを紹介し忘れていました。 チューナーです。 安いですね。 二千円台。 昔はもっと高かった。 そもそも正平家には隊長のエレクトーンがあるのでチューナーなしでもなんとかなる。 でも音程は正確であればあるほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武蔵小山の名店 井門

ここはかなり古い。 武蔵小山の商店街の中でも結構いい立地に構えていますし、中々高級そう。 なんでずーっとビビッて入れなかった。 ところが、僕の両親が密かに通っていて「意外と安いんだよね」なんてコメントをくれたじゃないですか(^^♪ これはもう行くしかありません。 でも、どう見ても高級そう。 大丈夫かなぁ。 店内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more