テーマ:山形県の渓流

今日の最上白川はどっちの日?

最上白川にはヤマメの日とイワナの日があります。 絶対とは言いませんが、ヤマメが多く出る日は数釣りになります。 一方イワナの日は貧果になることが多いかな? 両方が均等に出るってないんですよね。 どちらかに偏ります。 ヤマメの方が環境の影響を受けやすいのかもしれません。 水況が良くハッチも活発な時はヤマメが流芯から出てき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3連装プラスアルファ

まいど山形遠征はたくさん飲んじゃいますねぇ(^-^; 毎年宿泊する松葉館。 釣りから帰ってきて、温泉入って、ここの女将さんはすぐに夕食を持ってきてくれます。 さっそくビールでその日の振り返り。 そしてここからがお酒を堪能するメインタイム。 一挙に3本お銚子をオーダーするのが正平流。 部屋食なんで1本ずつ頼むと女将に負…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形遠征を彩ったグルメ-こい勢

僕がフライフィッシングを始めてより長らく続けている山形遠征。 北半分(庄内と最上)の渓が主なる釣り場なんですが、庄内で必ず行くのがここ「こい勢」です。 ここで寿司を食べるために酒田に宿泊しているようなもの。 いやいや、ここで寿司を食うために庄内の渓で釣りする計画にしているも同様です。 この日は良質なマグロが入…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長三郎の肉そば

遠征釣行中に梅雨入りすることは想定内だったのですが、ガッツリ降られました。 天気予報では水曜日の午後より雨で翌木曜日は曇りだった。 結果的には木曜日もほぼ雨。 しかも釣りにならないくらいの豪雨。 どこも増水で参りました。 天気予報で少し期待しちゃったんだな。 ちょっとガッカリ。 こういうときはグルメである。 前日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形遠征最後の夜は

今回もまたいい釣りができました。 どちらかというとヤマメに相性のあるポイントを中心に回るのですが、例年と比べてイワナに恵まれた年でした。 型もまあまあだったと思います。 遠征の打ち上げは鶴岡にある彦右ェ門です。 暑かったこの日はビールから。 この日のお通し。 この時期の庄内はバイ貝(と思われる)が旬のよう…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

山形を徘徊した魔の木曜日

朝起きてすぐにテレビの天気予報とチェックします。 山形県内は曇りを報じていました。 ただし、庄内は相変わらず強風注意報。 本日の日向川と前の川を断念しました。 天気は回復したではないか。 ですが、酒田は昨日同様暴風(-_-) 問題は本当に風だけ。 それならば風が弱い予報となっている村山に行こう。 寒河江川の予定を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

風速10メートルは凄かった

最上はほどなく豪雨になりました。 こうなれば旅としてのクオリティを求めよう。 昼飯を食おうではないか(珍しく) かつて家族と一緒に焼き肉を食った道の駅とざわ。 焼き肉ビビンバ食いたい(^O^)/ まじかぁ(T_T) こうなったら釣りとしてのプログラムを粛々とこなすべし。 天気予報では庄内は明日は曇り。 ならば…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

最上白川釣行日誌 2017年6月21日

天気予報は午後から雨を伝えてきました。 いよいよ梅雨入りかなぁ。 週間予報はこの日の午後より雨、翌日は曇り、そして金曜日が晴れと言っています。 全国区の天気予報では爆弾低気圧に近い梅雨前線が太平洋側を横断するとのこと。 豪雨を伝えています。 うーむ、ということは東北も梅雨入りだね。 本来は庄内の渓を計画していました。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

土内川釣行日誌 2017年6月20日

この日は重大な懸念がありました。 現地の天気予報が最高気温30度を超えると言っています(-_-) いつもは6月でも前半だったのでそんな気温を想定する必要もありませんでした。 6月も後半ともなると山形でもそういう気温になるんですね。 この日は土内川。 数百メートルの区間を分けていきます。 これなら途中で暑くなったときに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最上白川釣行日誌 2017年6月19日

正直荒雄川の釣りは危なかった。 イブニングライズがなければ大貧果でしたからね。 6月も後半となると勝負はやっぱりマヅメになってくるんだ。 よし、それを踏まえて次の最上白川もかんばろう。 あれ?増水している(*_*) 最上はこの冬雪が少なかったと言っていたのに。 本流小国川も渇水していたが・・・ どういうことだ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2017年度山形遠征

日曜日の6月18日より今日まで山形県北部を釣りで徘徊していました。 おっと、日曜日は荒雄だから宮城県だ。 荒雄川 最上白川 土内川 寒河江川 です。 いつもだと6月第一週か二週目に行く山形遠征。 今回は6月後半。 もはや夏の気配が濃厚に漂う中での東北遠征です。 遠征当初は梅雨入りしていませ…
トラックバック:12
コメント:2

続きを読むread more

6月限定ノーハックルフライボックス

今日はこのオフ最大の進捗でした。 ずっと5本だの3本だの低ロットが続いていましたがようやく本調子です。 やっぱりこれくらい巻かないと手ごたえがないですね。 これでこのフライボックスは満タンです。 毎年6月に行く最上、鬼首、湯沢地区は僕の大好きな釣り場のひとつです。 そして、このフライボックスはその地域用のノーハック…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

まいど庄内の寿司です

今遠征の際のこい勢の地魚おまかせコースの詳細をお伝えしておかなければなりませんね。 僕の庄内釣行のセットです。 いや、もはやこちらの方がメインかも。 するめいか のどぐろ たいの昆布〆 梅肉添え まはた 柚子胡椒 うまづら いわし がさえび さくらます 近海まぐろ 佐渡産…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

梅雨明け時期が気になり始めました

今年の梅雨はダラダラと、そしてしとしとと雨が降ります。 これは6月後半の置賜の様子です。 こういう雨は災害にはなりえないので安心です。 釣りとしても成立するので、こういう梅雨は歓迎です。 ただこんな梅雨でも時として増水に濁りを併発します。 行っても竿を出せない事もあることは想定内で釣行計画を組まなければなりません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平水に落ち着かない

ガッツリ雨が降っても水が引くのが早いですね。 増水して濁っても半日待てば釣りができそうな水況に戻ります。 そして、1,2日で元の渇水状態に戻ります。 平水に戻らないんですね。 降雪の少ない年はこういうものなのでしょう。 人間としては遡行が楽になります。 一方、魚にとっては渇水は緊張状態のはずですので大変になります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たなジンクスか???

6月の遠征でちょっとしたグルメを発見したんです。 これがねえ。 美味いんですよ。 遠征中は、わざわざセブンイレブン探しちゃったもんね。 ところがね。 気が付いちゃったんだな。 このおにぎり食った時の釣果が良くない(+o+) こういうジンクスは極めてよろしくない。 確かめてみよう。 元々僕はTカード所持者…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

米沢のジンギスカン

昔こりらさんに教わった事です。 「米沢のソウルフードはジンギスカンである。」と 探しました。 やっと一件見つけました。 精肉店の二階が店舗という絶好の構成。 もうこの時点で美味いに違いないと確信しました。 店内はほぼ満席。 客構成はほぼ地元民。 駅前メインロードに陣取る焼き肉店のビジターらしき客層とは全く…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

焼き肉店で明日の釣りを占う

渓流釣りを目的とした遠征とはいえ、旅であるという基本は守りたい。 翌朝がいかに早かろうと、夜を簡単に済ませるなんてことはありえないのだ。 置賜遠征最初の夜は焼き肉としました。 前回遠征でお世話になったべこやさんです。 今宵は予約を入れました。 19:30です。 イブニングをやるつもりだったので。 前回来た時よりも人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

広河原川釣行日誌 2016年6月26日

前日の雨より一夜明けました。 街は晴れ間が見えようとしています。 ですが、かなり雨が降っているはずです。 東京に帰る前に渓の様子を見るくらいなつもりで車を走らせます。 現地に近づくほど雨が強くなってきました。 まあ、ほぼダメであろうと・・・ あれえ?濁ってないぞ(◎_◎) 釣欲は一気にアップ。 実はこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

置賜白川釣行日誌 2016年6月25日

昨夜は早寝してしまったからなぁ。 昨夜はそんなに豪雨だったんだ。 そういえば米沢の町を流れる二本の川は両方濁っていた。 午後半分諦め気味で出動。 ほうぼう見ましたが水況が釣りが難しいと言っています。 唯一、置賜白川にある親水公園上流がなんとか竿を出せそうな感じ。 せっかく来たんです。 やるでしょう。 問題点は…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

想定外の大増水

この日の予定は支流でした。 そしてこの遠征で僕が本命視していた渓。 昨日の本流はやや渇水気味だった。 そして夕刻を迎える前より雨が降り始めた。 長い渇水期を潤す雨に見えた。 ところが・・・ えー(゚Д゚;) 昨夜そんなに降ったの??? いや、これは上流で工事をしているからこんなに濁っているのかもしれない。…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

置賜白川釣行日誌 2016年6月24日

この日より3日間、米沢を基地として置賜白川に釣行してきました。 本当はこの白川荘に併設するキャンプサイトに幕を張ってのキャンプ釣行を計画していたのですが、直前回避。 天気予報が悪かったんですよ。 直前回避の決断は吉と出ました。 連日夜は豪雨。 ただし、そのおかげで釣りは苦しいものとなりました。 実はこの置賜白川でやっ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

お土産として選んだ山形の酒

毎年買って帰るこのきみ。 毎度一升瓶。 最上釣行の宿近くにある専門店で購入しています。 瀬見温泉内です。 酒造店だから、ここで作っているのかな? このきみはふるさと納税でもお礼の品としてチョイスさせていただいております。 次は朝日川。 このきみがややマイルドでまったりした感じであるのに対してこちらは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと焦った釣りをしてしまった

型のいいイワナを狙うべし。 出てくるのはこんな奴ばかり(-"-) より小さく細かいポイントに打ち込もうとし始める。 ちょっとしたドラグも気になりだす。 ティペットもどんどん長くする。 するとだんだんポイントへのコントロールがなくなってくる。 疲れ始めてくる。 より精度は下がる。 フライがロッドに当たり始める。 しっ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

虫が少ない

例年に比べ今回は本当に虫が出なかったなぁ。 昨秋の水害との関連に気持ちが行ってしまいますが、冷静になって考えると単純に季節の進行が早いだけなんだよ。 水温がいつもより高い。 荒雄川 15年→12度 16年→13度 最上白川 15年→11度 16年→14度 土内川 15年→12度 16年→14度 月光川 15年→14度…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この遠征では本気で警戒しました

例年よりも目撃情報が多いようです。 荒雄川にして今年は川を横断する姿が目撃されています。 今回の山形遠征は初日より装着でした。 地元のニュースもクマに襲われたとか、猟友会が熊を退治したとか、そんな報道が目立ちます。 クマのストマックから人肉がでたとか(゚Д゚;) いつもより狂暴ですね。 物騒です。 これから山間部に入る…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

湯の台温泉

今回の山形遠征の最後は庄内です。 いつもは寒河江川で終えるのですが、良くなかったですからね。 庄内に留まることとなってしまいました。 旅の最後は温泉であるべき。 ここ庄内には何十年も通っているのに、実はまだ一回も温泉に入っていないんですよ。 それはいかんでしょう。 ここ数年庄内は釣りとしてはパッとしないので渓にこだわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前の川釣行日誌 2016年6月10日

早いもので本年の山形遠征も最終日。 本日中に東京に帰ります。 釣りに費やせるのは午前中くらい。 宿は酒田。 近所でササっと釣れるところにしました。 場所は前の川。 小渓ながら40を超えるヤマメがいるという伝説の渓。 しっかり雨が降った翌日は強風であるのがこの地方のお約束。 フライがきれいに流れない。 しかも正平…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

月光川釣行日誌 2016年6月8日

この日よりステージを最上より庄内に移します。 迷いましたね。 日向川にするか?月光川にするか? 事前の情報はいずれもパッとしない。 そもそも庄内の釣りとはそのほとんどが海で渓なんか端っこも端っこなのだ。 日向川で釣りなんていうと「鮎?」なんて言われますからね。 詳報なんてほとんどない。 どちらにするか?なんて本当にインスピ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

土内川釣行日誌 2016年6月7日

最上白川はある意味最上地方の渓流事情を代表してくれます。 前日の結果を受けて今シーズンはより魚が小さい。 だが数が出る。 こういう傾向には逆らうことなく受け入れるのが肝要です。 小さいながらも丁寧に拾っていけば、時間の経過、あるいは人の少ないポイントに入っていくと、ある程度サイズが上がってくるはず。 ということで上…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more