テーマ:釣行記

うーさまに取りつかれた寒河江川のイブニング

シーズン終了間際ではありますのでポイント情報をお伝えしましょう。 なんといっても伝承館前のことを伝えておかなければなりません。 見ての通りフラットな流れが続く渓相ですがニジマスがいることで知られています。 もちろんイワナも。 中間点で左岸に流入する行沢を境に下流が疑似餌釣り専用となっています。 もちろんキャッチアンドリ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

寒河江川釣行日誌 2017年9月8日-10日

今回はキャンプ釣行です。 実はこれ、7月後半に予定していた寒河江川釣行のスライド釣行。 あの時はまだ梅雨明けしていなくて天候が不安定でした。 ならばアブ明け行こうと。 台風が心配なこの時期。 しかも釣行前日に大雨となりました。 水位が心配だったのですが、さすが最近の寒河江川。 昔に比べるとかなり雨に強くなりましたね。 …
トラックバック:5
コメント:6

続きを読むread more

間もなく終了予定のみやまえ食堂のそば

思いのほか雨量が多く釣り不能になってしまった7月29日。 やまゆきかわゆきのご主人から新しいポイントを教えてもらったのに竿も出せないよ。 じゃあ、もうひとつの南会津に来た目的を達成しよう。 檜枝岐にあるみやまえ食堂。 登山客、キャンプ客に食事を振舞っていたのが発展した風情の店内。 実はここの裁ち蕎麦が絶品なんですよ。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

檜枝岐のアブ

大井沢ほどではないものの檜枝岐でもアブは出ます。 特に檜枝岐川と支流の舟岐川との出合いはアブが多かった。 ここには温泉があるんです。 露天風呂もあるのですが、そこはすでにアブの巣窟(^-^; チクっとやられるくらいならちょっとかゆい程度で済むんですけどね。 ほったらかすとそれなりに腫れます。 僕の個人的印象なのですが朝夕…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モンベルの長袖Tシャツを釣りで着用してみました

約一か月ぶりの釣りは計画段階から二転三転しました。 7月中旬から東北地方に居座った梅雨前線。 各所で豪雨をもたらしています。 狙い目の山形、福島の雨の様子をにらみながら、最終的にはこの7月28日より二泊三日に最終決定した次第。 地区は南会津としました。 まもなく8月を迎えようとしているのに涼しいです。 先般購入した長袖T…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

檜枝岐川釣行日誌 2017年7月30日

大増水だった7月29日。 釣りになるかな? ありがたいことに翌朝、雨は止んでいました。 残る懸念は水況のみ。 恐らくあの渓の取水区間くらいしか釣りにならないだろう・・・ やや濁りは残すものの釣りにはなる。 だが凄い人出。 これは一巡するのを待つしかない。 別の場所を求めます。 お気に入りの場所は当初の予想通り大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

増水と雨の南会津

この日の朝は雨音で目が覚めました。 ボタボタボタと。 強い雨脚です。 それでも楽観視していました。 朝食のころには雨の勢いも衰え、予報も小雨程度。 逆に雨で人がこないだろうと幸運の女神くらいに考えていた。 ネガティブなイメージは1ミリもない。 意気揚々と檜枝岐に向かいます。 ところが・・・ そんなに降ったのかぁ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

檜枝岐川釣行日誌 2017年7月28日

東北地方はこの時点でまだ梅雨明けしていません。 いつもなら関東が梅雨明けして数日で東北、すくなくとも南部は梅雨明けすることが多いのですが、今年はそうはいきません。 天気予報はずっと雨マーク。 ところが宿に問い合わせると釣りにならないくらい降ったのは週に1日くらいで、あとはむしろ釣りに好影響な小雨ばかりとな。 これは行くしかありま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梅雨明け間際の南会津釣行

7月28日より30日までの二泊三日で南会津に行ってきました。 やまゆきかわゆきさんをベースとした檜枝岐の釣りです。 天気は渋いっすね。 初日はこんな曇天で時折小雨。 二日目は雨による増水と濁りで竿が出せませんでした。 最終日もこんな感じ。 土曜日の雨はやっぱりすごかった。 なんとか取水区間であるキャッチ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

今日の最上白川はどっちの日?

最上白川にはヤマメの日とイワナの日があります。 絶対とは言いませんが、ヤマメが多く出る日は数釣りになります。 一方イワナの日は貧果になることが多いかな? 両方が均等に出るってないんですよね。 どちらかに偏ります。 ヤマメの方が環境の影響を受けやすいのかもしれません。 水況が良くハッチも活発な時はヤマメが流芯から出てき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒河江川のニジって最近どうなの?

今回行ったときは釣れてたなぁ。 アベレージは40センチくらいらしい。 この日はルアー天国でした。 フライだとウェットやストリーマーを引けば出そうだけど、そんな装備はしていなかった。 次回用意しちゃおっかな。 昔はね。 こういうぶっとい流れから突如50オーバーが垂直ライズして釣り人をドキドキさせたけど、今年はそういうシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3連装プラスアルファ

まいど山形遠征はたくさん飲んじゃいますねぇ(^-^; 毎年宿泊する松葉館。 釣りから帰ってきて、温泉入って、ここの女将さんはすぐに夕食を持ってきてくれます。 さっそくビールでその日の振り返り。 そしてここからがお酒を堪能するメインタイム。 一挙に3本お銚子をオーダーするのが正平流。 部屋食なんで1本ずつ頼むと女将に負…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SIMMS ROCK CREEKを実際に使ってみて

インプレッションを報告するのをすっかり忘れていました。 6月の湯沢釣行から山形遠征にかけて使ってきました。 普段のサイズはUS7。 これをUS8にしたのは店員の推薦もあってのこと。 着脱の容易性は格段に向上するも問題は遡行中にプカプカしないか? これについては靴下の二足履きで解決しています。 足のサイズ24センチ。 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

寒河江川でのドライフライ

6月前半がよいという定説があります。 当初は僕もその定説に追随していました。 しかしながら今は早いと思っています。 6月前半は雪代終了期に当たります。 水は透明度を増してきますが、まだまだ冷たく水量も多い。 オオマダラのハッチは確かに期待できますが、必ず当たるというものでもありません。 マッチングザハッチを狙うにして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロングリーダーの長さ

長らくロングティペットリーダーのシステムを変えていないとセッティングも無意識のうちに行われます。 僕の場合は全体で18フィートくらいでリーダー15フィートに3フィートくらいのティペットを連結。 8フィートプラスアルファロッドでリールにリーダー部が1~3回転くらい巻き治めるくらいが基本セッティングです。 ところが、今回同じよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形遠征を彩ったグルメ-こい勢

僕がフライフィッシングを始めてより長らく続けている山形遠征。 北半分(庄内と最上)の渓が主なる釣り場なんですが、庄内で必ず行くのがここ「こい勢」です。 ここで寿司を食べるために酒田に宿泊しているようなもの。 いやいや、ここで寿司を食うために庄内の渓で釣りする計画にしているも同様です。 この日は良質なマグロが入…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長三郎の肉そば

遠征釣行中に梅雨入りすることは想定内だったのですが、ガッツリ降られました。 天気予報では水曜日の午後より雨で翌木曜日は曇りだった。 結果的には木曜日もほぼ雨。 しかも釣りにならないくらいの豪雨。 どこも増水で参りました。 天気予報で少し期待しちゃったんだな。 ちょっとガッカリ。 こういうときはグルメである。 前日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤ワインと仙台牛

ここ数年お世話になっている森りんこさん 荒雄川に近い。 夕食は19:30なので、ギリギリまでイブニング可能。 オーナーがフライフィッシャー。 必然宿泊者もフライフィッシャーとなるので情報が集まってきます。 しかも温泉。 そしてなんといっても食事が美味しい。 いつも赤ワインを注文します。 キンキンに冷えているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒河江川でのカワウ問題

事態は深刻らしい。 僕がこの問題を最初に認識したのは5年前に尾花沢の最上川ライン下りに乗船した時。 最上川に劇的にカワウが増えて漁業被害がでているとの解説を受けました。 その時は「ふーん」って感じでした。 ところが、6月23日に寒河江川に行ったときに会話させてもらった漁協関係者の話によると、ここ寒河江川でもその被害がひど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形遠征最後の夜は

今回もまたいい釣りができました。 どちらかというとヤマメに相性のあるポイントを中心に回るのですが、例年と比べてイワナに恵まれた年でした。 型もまあまあだったと思います。 遠征の打ち上げは鶴岡にある彦右ェ門です。 暑かったこの日はビールから。 この日のお通し。 この時期の庄内はバイ貝(と思われる)が旬のよう…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

寒河江川釣行日誌 2017年6月23日

晴れそうな気配を感じません。 酒田はまだこんな天気です。 昨夜決断した通り寒河江川に向かいます。 昨日朝の様子ではかなり増水していたが・・・これはもうギャンブルだ。 ギャンブル成功(≧◇≦) 水量も水況も申し分なく。 これは釣れるに違いない(ー_ー)!! ただし寒い。 本当に、本格的に寒い。 気温計に目を向…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

山形を徘徊した魔の木曜日

朝起きてすぐにテレビの天気予報とチェックします。 山形県内は曇りを報じていました。 ただし、庄内は相変わらず強風注意報。 本日の日向川と前の川を断念しました。 天気は回復したではないか。 ですが、酒田は昨日同様暴風(-_-) 問題は本当に風だけ。 それならば風が弱い予報となっている村山に行こう。 寒河江川の予定を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

風速10メートルは凄かった

最上はほどなく豪雨になりました。 こうなれば旅としてのクオリティを求めよう。 昼飯を食おうではないか(珍しく) かつて家族と一緒に焼き肉を食った道の駅とざわ。 焼き肉ビビンバ食いたい(^O^)/ まじかぁ(T_T) こうなったら釣りとしてのプログラムを粛々とこなすべし。 天気予報では庄内は明日は曇り。 ならば…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

最上白川釣行日誌 2017年6月21日

天気予報は午後から雨を伝えてきました。 いよいよ梅雨入りかなぁ。 週間予報はこの日の午後より雨、翌日は曇り、そして金曜日が晴れと言っています。 全国区の天気予報では爆弾低気圧に近い梅雨前線が太平洋側を横断するとのこと。 豪雨を伝えています。 うーむ、ということは東北も梅雨入りだね。 本来は庄内の渓を計画していました。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

土内川釣行日誌 2017年6月20日

この日は重大な懸念がありました。 現地の天気予報が最高気温30度を超えると言っています(-_-) いつもは6月でも前半だったのでそんな気温を想定する必要もありませんでした。 6月も後半ともなると山形でもそういう気温になるんですね。 この日は土内川。 数百メートルの区間を分けていきます。 これなら途中で暑くなったときに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最上白川釣行日誌 2017年6月19日

正直荒雄川の釣りは危なかった。 イブニングライズがなければ大貧果でしたからね。 6月も後半となると勝負はやっぱりマヅメになってくるんだ。 よし、それを踏まえて次の最上白川もかんばろう。 あれ?増水している(*_*) 最上はこの冬雪が少なかったと言っていたのに。 本流小国川も渇水していたが・・・ どういうことだ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

荒雄川釣行日誌 2017年6月18日

2017年6月遠征のスタートは荒雄川です。 今のところ梅雨入りする気配は一向にありません。 ここは二か所のキャッチアンドリリース区間がありますが、B区間と呼ばれるヤマメ・イワナ区域に入渓します。 右の方の看板は初めて見ました。 セシウム検査でいい結果が出ていないんだ。 だからエサ釣りさんの姿が見られないんだね。 文面…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

檜枝岐川釣行日誌 2017年6月11日

南会津釣行の最終日です。 昨夜は遅くまで飲んでしまったので再起動に時間がかかってしまいました。 出動は同宿の皆様の中でアンカー。 僕にしてはかなり珍しいことです。 齢をとりました。 釣り場は早くから決めていました。 檜枝岐川のキャッチアンドリリース区間。 計画当初は支流だったんですけど、前日あんな雨の中たくさん人が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

檜枝岐川釣行日誌 2017年6月10日

檜枝岐川に到着したのは15時前。 しっかり雨が降っています。 急な増水が懸念されるためポイントはキャッチアンドリリース区間としました。 取水区間である上にどこからでも退渓できるからです。 しかも幸いなことに濁っていません。 チャンス。 さっそく出たのはヤマメ。 良型です。 苦労が多かったのでとっても嬉しい。 小…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

湯ノ岐川釣行日誌 2017年6月10日

舘岩川のフィールドはキャッチアンドリリース区間も設定されている本流および支流群です。 (いくつかの禁漁区間と特別区間があります。) 本流筋は過去の豪雨被害の復旧工事が行われているので釣り場が制限されています。 今回の僕の狙いは支流。 ところが主力の鱒沢川が大混雑であったため、急遽別の支流に逃げることとなってしまいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more