テーマ:神流川

新緑が眩しくなってきました

改めて、こういうところにも目がいくようになったんだな。 まあ、若い頃はというと水面しか見てなかったもんね。 一瞬でも山に目がいったときにライズでもしたらどうするんだと。 今はね。 どういう時にライズするんだかなんとなく気配でわかるので、ライズしないなって予感の時は風景に目が行くようになった。 大人になったというべきなの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

虫っ気ないよなぁ

神流川には今シーズン3回行きました。 初期の4月1日はともかく、この4月は虫がでていませんねぇ。 こういうフラットな水面には凄い小さなミッジがハッチしています。 例年ですともっと数が多い印象なのですが、うーん半分くらいかなぁ。 こういうところは解禁前の成魚放流が溜まりますのでライズはする。 フライのサイズを合わせて、テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神流川釣行日誌 2018年4月14日

昨日は完全に午前勝負。 午後から次第に強風となり日曜日は嵐になることは天気予報で認識済。 それでも行くのは来週は家庭の都合で出動できないから。 よーし、前回のリベンジを果たすぞ( `ー´)ノ 水況はいいよね。 底石にヌルが入って滑りやすくなるのはここの特徴。 いつも通りの感じになってきた。 なんですけどねぇ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なんでこんなにバラしたんだ(-"-)

今日の投稿は分析です。 いや、正直に言わせていただくと言い訳になりますかね。 4月7日はとにかくバラした。 大きいのが5回は出たのに、全部バラした。 フッキングはしたのになぁ。 くっそー、なんでだ(+_+) って結果についての振り返り。 まず今回は神様のお札を連れていったのでチャンスはたくさんあった。 こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

足元危険

昨年の乙母地区の堰堤故障による工事と、夏以降の豪雨の影響があります。 足元の砂利がとにかく柔らかい。 役場より上流が特に顕著です。 川底の砂利もゆるゆるなので、足元が安定しません。 ズルっといって転びそう。 増水時はかなり危険。 増水してもそれほど水量のない渓なはずなんですけど、川通しの遡行や対岸への横断は結構大変で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渓のコンディションは回復した

昨年のような濁りを今年も引きずると心配していましたが、杞憂でした。 4月7日の釣り。 小っちゃいのがたくさん釣れて大きいのを全部バラしたっていう結果が全ての日だったんですけど、言い訳をさせていただくとこの日はかなり増水していた。 水の透明度からして増水しているようには見えないと思うのですが、普段の1.5倍くらいの水量です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜の時期はダメなのか?

記憶を振り返ると確かにダメですね。 それまではクロカワゲラを中心にストーンフライがハッチして、それに対する反応がいいのが神流川です。 それが桜の時期に一回終息しちゃうのかな? 4月1日、4月7日、ともにライズは乏しかった。 4月1日はミッジのハッチはたっぷりあったのにライズなし。 4月7日はそもそもハッチなし。 水温は9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神流川釣行日誌 2018年4月7日

前夜は春の嵐。 強風が窓をたたきつけます。 さぞかし翌日は荒天。 少なくとも風は凄いだろうと思うはず。 ことろが、上野村は全然そんなことなかったのだ(^O^)/ 天気を完全に読み切ったぜ。 こういうのは気分がいい。 微風。 花曇り。 もう釣りに絶好のコンディション。 今日は釣れるはず。 もう、お…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

なぜ渋かったのか?

こいつを連れていかなかったからだ! いやー、迂闊だった(^-^; なんて、これも大きな要因でしたけど、もっと科学的な分析あるでしょ(^-^) まずですね。 魚が水面に関心を持っていなかった。 これはその前までのコンディションが影響しているじゃないかと思います。 たとえば・・・ 凄い濁りが入っていたとか。 前日…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ダブルループのトートは釣りに連れていくべきだ

日帰り釣行。 早春の釣りなので防寒ジャケットを。 あとは渓で転んだ時のための着替え一式。 財布、携帯、メガネケースなどの日常必需品。 ちょうどそれらが入ってピッタンコのバッグとなりました。 先月買ったダブルループのトートバッグ。 会社で大荷物の時に携帯しようと思っていたんですけど、日帰り釣行で使い勝手抜群でした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新ウェーダーは気分がいい

こちらも初出動です。 まず軽い。 サラサラだからそう感じるのか? 新品のゴアテックスですからね。 水をよく弾く。 いやいや、水を寄せ付けないって感じだね。 凄い撥水力って感動しましたが、これが当たり前の世界なのでしょう。 メンテナンスを含めて大事に使いましょう。 前のウェーダーみたいに破かないように( ^^)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入魂させました

日曜日の釣行の最大任務。 ポンタクラフトで買ったランディングネットの入魂(ー_ー)!! 到着時の上野村のコンディションは抜群(^O^)/ 簡単な仕事でしょ・・・と思ったら(*_*) 渋ーい(T_T) ライズなし(;'∀') 反応なし( ゚Д゚) 大ピンチ到来だったんだ。 釣りの神様は僕を見捨てなかった。 本…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

神流川釣行日誌 2018年4月1日

やっと18シーズン解禁することができました! 母が腸閉塞で緊急手術&入院。 退院したら次は息子の小学校の卒業と中学校入学準備。 なんだかんだで3月はついに釣りに行けず。 4月1日がスタートとなったんです。 心配していた水況は悪くない。 気温も12度。 水温も9度。 9時半くらいに現地到着でしたけどちょうどミッジが…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more

ノロノロ低気圧

今週頭はとっても暖かかったのに。 冬に逆戻りですね。 この分だと今週末の解禁はない。 上野村はユスリカがハッチしていてライズもあるそう。 色々と情報が入ってきています。 一旦、来週末でセットしよう。 にほんブログ村ランキングに参加中 にほんブログ村 よろしければクリックを! 応援なにとぞよろしくお願…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

結局上野村の年券にした

すごく迷ったのですが、結局申し込みました。 上野村漁協の年券です。 水況の問題はあります。 実は今年、仕事の様子が変わってまして、もしかするとあまり宿泊釣行できないかもしれない。 だから日帰りできるココにしました。 年券もっているといつでも出動できますし。 一応二桁台(^_^)v 今年は青。 サッカー日本代表…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

スティルボーンミッジ#18

久しぶりに紹介するパターンとなると思います。 スティルボーンミッジ#18 シンセ素材をシャックとして表現したフライ。 元々神流川で好んで捕食されるシャックをどうにかできないかと思い悩んで開発したフライです。 2009年のオフのリリース。 結果論としては通用しませんでした。 ところがこのシャックテール。 浮力獲得…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

17シーズンあまり出番のなかったフライ

CDCダン#18のタイイングです。 消耗数はなんと7。 例年の20%くらい。 30~40はオフにこのタイプ巻いているもんね。 何でかっていうと、このタイプを多用する釣り場が17シーズンは災害でダメだったから。 こんな状況が長らく続いたんです。 マッチングザハッチパターンなどの出番になるはずがない。 ところがこの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台風一過

やっと晴れました。 雲ひとつない青空であれば心も晴れやかなのですが、微妙に雲があります。 まあ、それでも晴れは晴れ。 洗濯もいよいよできそうです。 さすれば僕のタイイングルームの作業可能な状態になります。 今回は台風そのものが超大型な上、来週前にたっぷり雨を降らせていたため各所で大変な事となりました。 被災された方々…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

神流川のリザーブ探し

隊長!図書館に行くとママさんから聞きました。 同行させてください('◇')ゞ 夏休みの宿題用に借りていた本を一旦返却して、また借りるという手続きのためだとか。 それにしてもこのクソ暑い中徒歩とは隊長偉すぎます!!! たくさん借りてんですね(-.-) 実は僕も借りたい本があるんです。 これが隊長が借りた本ですね…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

神流川村役場前からの濁りの現況

3月は問題なかった乙母地区より下流の水況。 4月に入ってより濁りが激しくなりました。 濁りの原因とされる堰堤に行ってみました。 上野村役場より神流川左岸の道路を2キロほど進んだところにあります。 この通り山肌が出ています。 雨が降ると確かにこの山肌の土が渓に流入し、茶色に濁るということは考えられますが、あの時はそん…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

歯車が狂いだすと

調子がいい時もあれば悪い時もある。 調子が悪い時はどうやって修正していくか? 釣りに限らず、色々な分野で大事になってくるアプローチです。 今回はこれがうまくいかなかったなぁ。 最初はいつものガソリンスタンドに入れなかったという本当に些細なこと。 早朝なのに珍しく列を作っていて。 スルーしても都内のどこかで給油すればいいや…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

神流川釣行日誌 2017年4月15日

先週に引き続き神流川です。 気合を注入。 今週はマリンズですか。 (先週はライオンズ) ちなみにマリンズは今何位・・・? 5位(-"-) もうちょい調子いいチームとコラボできんのか??? 先週釣行から雨はあまり降っていなかったはずなんだけど・・・ すこし濁りがとれたくらい。 こりゃ今シーズンはずーっとこんな感じ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

神流川乙父地区の様子

僕の場合神流川はキャッチアンドリリース区間で過ごすことが多いのですが、時としてそれ以外の区間でも釣りをします。 4月8日の釣行は前夜の雨によりキャッチアンドリリース区間が大いに濁り、場所替えの要に迫られました。 チョイスしたのは乙父地区。 JA焼肉センターを中心とした前後の区間です。 国道から集落に入る道より渓にリーチす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野村のお土産

あっさりと14時半に終わってしまった今回の上野村釣行。 この時期は毎度これくらいの時間に納竿しています。 ハッチは午前中から昼過ぎくらいまでなのですが、ハッチが終わった途端にビッタリ反応悪くなるんですよね。 こうなるともう無駄な抵抗に思えてきちゃうんです。 だから早上がり。 季節がもう少し進行すると日の入り前まで粘っても釣れる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

先発ニンフ

まずもって先発することのないニンフにその機会が訪れました。 僕にとってニンフの出番は次の二つ。 ・どうしようもないほど濁っている。 ・ドライに出ないくらいの低水温。 いずれも最初はドライで探りをいれるのが正平流。 ところが今回は違いました。 これはドライは無理でしょう。 本当に珍しくニンフ先発です。 僕がニン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神流川釣行日誌 2017年4月8日

雨上がりで気温が上昇する。 天気は曇りで風静穏。 この条件で釣れなければおかしいでしょ。 期待に胸膨らましての出動でした。 気合を注入すべし。 なぜかLions仕様。 普通のでよかったのに、これしかなかった(-"-) 今Lions何位? 3勝4敗の4位。 大丈夫かぁ( 一一) 到着してガックシ。 濁っと…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ミッジパターンも主戦となりうる

本来正平はミッジパターンを主力に据えることを想定していませんでした。 あくまでサブ。 ところが2017年開幕釣行のときのようなことを経験すると、考えを改めないとって思っちゃいました。 3月18日に大ヒットしたCDCソラックスダン#18を在庫補充です。 フックはTMC531です。 すでに廃盤ですが、在庫をまだこれだけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水温一桁台のドライフライフィッシング

上野村で解禁を迎えるようになって6年。 振り返ると毎回ドライで釣りをしていました。 ドライ王子なんだから当然なんですけど、何にせよライズが毎度あるんですよ。 おかげさまで開幕ボは毎年回避しています。 ですが好不釣は当然あります。 2012年3月24日 最高気温11度 水温5度→不釣 2013年3月16日 最高気温17…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヴィラ裏はどうなったのか?

昨年秋の水害で滅茶苦茶に壊れてしまっていたヴィラ裏。 これは昨年10月の様子です。 車で乗り入れ可能だった河原は壊滅し、渓流の流れも変わってしまっていました。 重機がスタンバイしていましたので修復するとは思っていましたが、この短期間でしっかり元通りに直っていました。 こちらが3月18日の釣行時の渓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高性能タイツを実感した瞬間

水温8度。 早春の渓にしては水温は高い方と評価すべきですが、冷たいことには変わりありません。 今回正平はこの対策に投資しました。 モンベル ジオラインアンダータイツです。 今回の釣行はその効果を確かめるため、無謀にもこんな装いです。 結論ですが、やはり高性能タイツは凄かった。 水温8度の中、膝上まで長時間渓に刺さ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more