テーマ:フライフィッシング

無事保護されましたヽ(^o^)丿

母さん、あのランディングネット、どうしたでせうね。 ええ、10年以上前、昇進の記念品として部下たちからもらったあのランディングネットですよ。 10数年ぶりに保護されました('◇')ゞ 存在は心の片隅に残っていたものの、何かの拍子に捨てられてしまったものと諦めていたのです。 生存していたのはここ。 この銀色の箱の中でひっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

しばらくフライフィッシングとの距離をおきます

引退宣言ではありません。 今年に入って仕事の内容が変わり、遠征しにくくなった環境。 と同時に何十年も続けてきたフライフィッシングも惰性になってないかなぁと最近思うようにもなっていたんです。 今年何回か行きましたが、なんか熱いものがこみ上げてこないんですよね。 釣りに対する執着がない。 状況で「今日はダメ」って本当にさら…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

新緑が眩しくなってきました

改めて、こういうところにも目がいくようになったんだな。 まあ、若い頃はというと水面しか見てなかったもんね。 一瞬でも山に目がいったときにライズでもしたらどうするんだと。 今はね。 どういう時にライズするんだかなんとなく気配でわかるので、ライズしないなって予感の時は風景に目が行くようになった。 大人になったというべきなの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

虫っ気ないよなぁ

神流川には今シーズン3回行きました。 初期の4月1日はともかく、この4月は虫がでていませんねぇ。 こういうフラットな水面には凄い小さなミッジがハッチしています。 例年ですともっと数が多い印象なのですが、うーん半分くらいかなぁ。 こういうところは解禁前の成魚放流が溜まりますのでライズはする。 フライのサイズを合わせて、テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神流川釣行日誌 2018年4月14日

昨日は完全に午前勝負。 午後から次第に強風となり日曜日は嵐になることは天気予報で認識済。 それでも行くのは来週は家庭の都合で出動できないから。 よーし、前回のリベンジを果たすぞ( `ー´)ノ 水況はいいよね。 底石にヌルが入って滑りやすくなるのはここの特徴。 いつも通りの感じになってきた。 なんですけどねぇ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

足元危険

昨年の乙母地区の堰堤故障による工事と、夏以降の豪雨の影響があります。 足元の砂利がとにかく柔らかい。 役場より上流が特に顕著です。 川底の砂利もゆるゆるなので、足元が安定しません。 ズルっといって転びそう。 増水時はかなり危険。 増水してもそれほど水量のない渓なはずなんですけど、川通しの遡行や対岸への横断は結構大変で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渓のコンディションは回復した

昨年のような濁りを今年も引きずると心配していましたが、杞憂でした。 4月7日の釣り。 小っちゃいのがたくさん釣れて大きいのを全部バラしたっていう結果が全ての日だったんですけど、言い訳をさせていただくとこの日はかなり増水していた。 水の透明度からして増水しているようには見えないと思うのですが、普段の1.5倍くらいの水量です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜の時期はダメなのか?

記憶を振り返ると確かにダメですね。 それまではクロカワゲラを中心にストーンフライがハッチして、それに対する反応がいいのが神流川です。 それが桜の時期に一回終息しちゃうのかな? 4月1日、4月7日、ともにライズは乏しかった。 4月1日はミッジのハッチはたっぷりあったのにライズなし。 4月7日はそもそもハッチなし。 水温は9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神流川釣行日誌 2018年4月7日

前夜は春の嵐。 強風が窓をたたきつけます。 さぞかし翌日は荒天。 少なくとも風は凄いだろうと思うはず。 ことろが、上野村は全然そんなことなかったのだ(^O^)/ 天気を完全に読み切ったぜ。 こういうのは気分がいい。 微風。 花曇り。 もう釣りに絶好のコンディション。 今日は釣れるはず。 もう、お…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

なぜ渋かったのか?

こいつを連れていかなかったからだ! いやー、迂闊だった(^-^; なんて、これも大きな要因でしたけど、もっと科学的な分析あるでしょ(^-^) まずですね。 魚が水面に関心を持っていなかった。 これはその前までのコンディションが影響しているじゃないかと思います。 たとえば・・・ 凄い濁りが入っていたとか。 前日…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

神流川釣行日誌 2018年4月1日

やっと18シーズン解禁することができました! 母が腸閉塞で緊急手術&入院。 退院したら次は息子の小学校の卒業と中学校入学準備。 なんだかんだで3月はついに釣りに行けず。 4月1日がスタートとなったんです。 心配していた水況は悪くない。 気温も12度。 水温も9度。 9時半くらいに現地到着でしたけどちょうどミッジが…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more

今回のダイエットは成功です

正月より2キロ落としました。 運動は毎朝20分程度。 腹筋の日、足と胸と腕の日、ストレッチの日のローテです。 ワークアウトは休息が重要とのことでしたが、確かにその通りですね。 毎日腹筋するより休みの日を取り入れた方が確かに効果がある。 一方食事は2週間ほどローカーボでいってみました。 糖質制限ってやつですね。 ロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいタイツを試します

高機能で気に入っているモンベルのタイツ。 今回は新しいのを買ってみました。 トレールタイツというタイプです。 中厚手です。 今の時期のライニングと6月前半くらいまでの渓流釣り用ですね。 こういうストライプはちょっと抵抗あったのですが・・・ 実際アンダーとして使用しててもそんなに違和感ないですね。 今回の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出動準備?ベストをセットアップ

今週末は行きません。 来週か? 再来週か? 天気次第とお仕事次第。 いつでも行けるように。 準備だけはしよう。 フライパッチが汚ねーなぁ。 実は交換すべく新しいのを買ってあるんですけど、もう1シーズン頑張ろう。 カッターは新しくしました。 大分切れ味が落ちてましたし。 年券もセットし。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フライを浮かせるグッズ

もうすぐ正平の解禁です。 3月中旬スタートを目論んでいるのですが、天候等の影響で前後するやもしれません。 来るべき日に備えて色々準備があります。 まずは重要なところから。 ドライシェイクの補充は必須ですよね。 今シーズンから色々なフロータントを増強しました。 何をどうローテするのかをもう一回整理しておかなければ。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

2018年ハンドクラフト展・飲食の部その2

海無県ご在住のtroutriverさん、ミィさんに江戸の粋をお伝えするこのコース。 浅草と言えば甘味でしょう。 そして正平が絶対的にお薦めするのが「あんみつ」です。 なかには安政元年創業なんていうスゲー店もあるのですが、ちょっと敷居が高いかな。 「茜」にしました。 ここもきれいでいい店です。 あんみつって意外とヘ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年ハンドクラフト展・飲食の部その1

正平的にはハンドクラフト展よりもこっちが楽しみであった。 troutriverさん、ミィさんとお昼の乾杯(^O^)/ 場所は尾張屋さん。 支店の方です。 お通しが粋ですね。 酒は大関。 地酒をこれ見よがしに出そうとしないこの潔さが江戸っ子です。 蕎麦豆腐。 すごい弾力。 豆腐って美味いところに行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年のハンドクラフト展

今年も行ってきました。 ミィさん、troutriverさんと一緒。 本当はぴょん吉さんも来る予定だったんですが、お仕事らしく・・・残念。 目を引いたのがコレ。 ソリッドカーボンのロッド。 世界初らしい。(本当か???) 当たり前ですが中空のカーボンより重くなります。 ですがそこに逆転の発想が。 ソリッドである…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

結局上野村の年券にした

すごく迷ったのですが、結局申し込みました。 上野村漁協の年券です。 水況の問題はあります。 実は今年、仕事の様子が変わってまして、もしかするとあまり宿泊釣行できないかもしれない。 だから日帰りできるココにしました。 年券もっているといつでも出動できますし。 一応二桁台(^_^)v 今年は青。 サッカー日本代表…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりに雑誌を買った

隊長の受験等があり昨日は一人で昼食。 地元の美味いもん探検とともに、本でも読むかってことでかなり久しぶりに雑誌を買いました。 すでに早春用のフライは巻き終えているのですが、何かの参考にはなるでしょう。 意外と今巻いているテレストリアルの参考にもなるかなって。 内容は・・・めちゃマニアックですね。 雑誌の域を超えて参…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ブラックパラシュートカーブバージョン

18シーズンに向けてこのフライを現役復帰させることとしました。 かつて岩井渓一郎さんがブラックパラシュートと称して多用していたタイプです。 今も使っているのでしょうかね? 18シーズンの正平のフライテーマは「半沈み」です。 よって今まで予備役だったこのタイプを戻してきました。 利用用途はもちろんテレストリアルということ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

正平、初めて深川飯を食す

富岡八幡宮のある深川は元は海に近い町だったそうです。 よって近隣漁師を氏子とするわけであり、お願いすることは漁や釣りに関することとなるのは当然の成り行きだと思われます。 そんな環境から発祥した郷土料理が深川飯。 要するにアサリ御飯です。 江戸時代から昭和初期にかけて、ここ深川では活きのいいアサリが獲れたそうです。 境内…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2018年の釣行安全祈願

毎年恒例となっている行事です。 昨日は富岡八幡宮に大漁祈願・釣行安全を祈念するとともに古札の返納に行きました。 東京では恐らくここ富岡八幡宮にのみあるお札だと聞いています。 昨年は忌まわしい事件がありました。 これを嫌忌するという考え方もあるのか正月三が日にしては人が大幅に少ないように感じました。 とはいえ、昨…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

18シーズンはカーブネットをメインとします

悩みに悩みましたが、やっぱり新しく購入した方をメインとすることにしました。 フィッシングベストの背中に装着するリールをつけました。 改めてサイドに目をやりますとこれまたいい杢が出ていますね。 前のランディングネットは完全メンテナンスフリーだったのが反省点です。 ネットくらいは洗うようにしよう。 カーブして平たくなっ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

新しいランディングネットも買っちゃいました

昨日ランディングネットをリフィニッシュしましたという記事を投稿したばかりなのに(^-^; 実は新しいランディングネットも買っちゃたんです。 ハンドクラフト展で一目惚れ。 ポンタクラフトさん作のカーブネットです。 今のランディングネットをリフィニッシュに出す際に、あの時のカーブネットと同じものを作れませんか?と聞いてみ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ランディングネットをリフィニッシュ

長年愛用してきたランディングネットです。 北九州のポンタクラフトさんに作ってもらったものです。 2010年の3月に納品されたもの。 丸8シーズン使ったんですね。 ネットの色も褪せてヨレヨレです。 もとは鮮やかなサーモンピンクだったのに。 フレームにも損傷が確認できます。 これはいよいよリフィニッシュです…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

来シーズンのラインアップその1

この時期はタイイングを行いながら来シーズンの携帯フライを決めていきます。 いわばオフの楽しみのひとつでもあります。 来シーズンはノーハックル、イマージャー系については変更ありませんが、ハックルタイプは多少異動させます。 CDCソラックスダンについては#15、#13とそれぞれブラウン、ライトケイヒル、ブルーダンを用意する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいウェーダーを買いました

数々の方々より指摘を受けたウェーダー。 もうボロいの一言です。 そんなにハードな釣行をしたつもりはないのですが、とにかくボロボロ。 よくぞまあ、ここまで現役であり続けたものだ。 こんな傷があるのに気付かないっていう自分が凄い。 そしてこの状態で平気で渓に突撃していたわけです。 3年くらい前からお尻まで渓に刺さると…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

ドライフライを再編成(18シーズンに向けて)

18シーズンに向けて。 ノーハックルは例年通りの編成とし、既にタイイングを終了しています。 一方ハックルフライについては多少変えます。 まずパラダン。 今まではライトケイヒル、ブルーダン、ブラウンでそれぞれ一コマずつ用意していましたが、実際はそれほど消費しません。 一コマに集約することにしました。 これにより#13、#1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本物とは明らかに違うボディーの効果

小さいフライでのダビングボディー効果についての話です。 #17~#15くらいのフライ。 マダラの小型種のイミテーションを厳密に行うのであればボディーは細い方が望ましいと思います。 恐らくスレッドボディーかストリップドピーコックのようなボリューム感のないマテリアルが正しい選択でしょう。 ということで、このサイズのメイフライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more