テーマ:フライタイイング

17シーズンお疲れ様でした

シーズンのスタートは絶好釣でした。 いきなりツ抜け。 これはどんなすごいシーズンになるかと思ったら・・・ 長期にわたる上野村キャッチアンドリリース区間の濁り。 上流に位置する堰堤の障害によるもので、回避不能と判断し、この時期にしては珍しい新規開拓へ。 久しぶりに川上に行ったり、渡良瀬に行ったりいわきに行ったり。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

半沈みをテーマとする限りは

18年がまもなく訪れようとしてます。 会社は一昨日で年内業務を納めました。 昨日は年末の忘年会ラッシュの疲れを残しつつ家の片づけを。 そして本日よりいよいよ休暇中のタイイング強化ウィークです。 本日のタイイングはこれ。 メイフライクリップル#10です。 フックはこれ。 TMC531。 廃盤になって久しいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プードルの実験結果

プードルへのアプローチには各論あるところです。 純粋に見たままのテレストリアルとしてアプローチするのもよし。 細いボディーの大半が水面下にあることより水生昆虫の羽化途上を表現できるとするアプローチもある。 またまた、そんな堅苦しい論はどうでもよしとオールマイティパターンとしてアプローチする派もある。 僕としてはオールマイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりに早朝タイイング

昨日は早起きして年賀状書き。 毎年このタスクは大変です。 来年よりSNSサイトで交流のある人ははがきで出さずオンラインで新年のご挨拶をさせていただくこととしました。。 ハガキという非同期な挨拶も昔ながらで大切にすべきですが、オンラインでつながっているのであれば、そちらを活用するのもアリかと思いました。 ただ、恐らく元日はコメ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中間色の王様

いよいよCDCソラックスダンのタイイングフェーズの最終局面です。 ブラウンカラーは以前よりお伝えしている通り正平の主力カラーです。 ①年中使える。 ②水面とのコントラストがよい。 ③魚が違和感を感じない。 こんなところが利点でしょう。 よく釣れてかつよく見えるという言うことなしのフライです。 当然ながら主力…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

頭痛ひどし(*_*;二回に分けてのタイイング

日曜日も予想通り快晴。 土曜日の教訓を活かすべく10時くらいよりタイイングを開始したのですが・・・ 前日夜更かししちゃったんだよな。 翌日は遅くていいと思っちゃったから。 そしたら頭痛。 実はメガネが合ってないんですよね。 フレームが少し歪んじゃって。 左耳の上が痛いなぁと思っていたら頭痛を助長してしまった。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日が眩しい中でのタイイング

この週末はとにかく寒かった。 でもよく晴れましたね。 土曜日はサンマルクへの出撃前にちょいとタイイング。 6本の予定でした。 ライトケイヒル#13だったのですが・・・ 眩しい(*_*; 逆光になって巻くフライが見にくい。 ライトケイヒルは特に逆光に弱い。 朝太陽が昇り始めてくらいの光の向きが逆光になりやす…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

#13はやや大ぶりにハックルを巻く

今回よりCDCソラックスダン#13のタイイングを開始します。 #15に対してダビングボディーとなるこのタイプ。 存在感をアピールポイントとするので同じタイプでも#15とはタイイング方針が異なります。 左側の一見スッカラカンのハックルケープを使います。 #13に適正なハックルはもう刈り取れないようにも見えますが、さにあらず。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハックルの先端も大切に使う

今回のタイイングも7本。 ひとつのハックルで3本巻いているので本当ならば3の倍数が生産ロットとなるはず。 なんでこんな半端な数になるのかというと。 こんな捨ててしまいそうな先っぽも使ってタイイングしているからです。 それなりに技術がいります。 調子が悪い、気分が乗らない、イライラしがちといった時はチャレンジしな…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

中間色フライのスレッドカラーは?

正平にとって中間色メイフライパターンはブルーダンとなります。 それって中間色ですか?って意見をいただきそうです。 確かにその通りです。 ブルーダンを中間色ですってあまり説得力はないですよね。 これには理由があります。 それは現有のハックルに影響されているからです。 タンカラーに合うハックルがないんですよ。 右が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

メッツのハックルそろそろ探さなきゃ

たくさんの人にお誘いを頂いた昨日。 多くのフライフィッシャーは川越にいたはずなのですが正平は関東在住でありながら出動なし。 その理由は明日投稿するのですが、とにもかくにも正平の12月前半は忙しい。 そうはいいながらタイイングは進捗させたい。 朝の貴重な時間を使って7本タイイングしました。 ライトケイヒル#15はこれにて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主にマヅメ用 ライトケイヒル

CDCソラックスダン#15のタイイングは着々と進んでいます。 前回でブラウンの生産は終わりました。 今回よりライトケイヒルです。 CDCソラックスダンのカラーは4色用意しています。 ブラウン、ライトケイヒル、ブルーダン、ブラックなのですが、ライトケイヒルはその中でもマヅメ用と位置付けています。 晴れてる日。 晴れた日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一つのコマにいくつ入るんだろう

CDCソラックスダン#15の増量に向けて収納するフライボックスのコマを大きくしたわけですが・・・ 満タンでどれくらいなのだろうか? 今のコマの状態よりさらに6本巻いたのですが・・・ ちょうど満タンになりました。 数えると27本。 1シーズンで使い切ることはまずないでしょう。 十分な数量です。 フライプロポー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

定番フライの強化

今回よりハックルフライのタイイングです。 まずは主力中の主力CDCソラックスダン。 #13と#15が主力です。 これは#15でスレッドボディータイプ。 6本巻くのに30分でした。 ペースも悪くない。 来シーズンより#15を格納するフライボックスのコマを大きくしました。 よりたくさん現場に持っていけるように。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エルクヘアカディスをどうしようか

2010年に一回前線から引っ込めて、1シーズンを経過。 翌2011年より再登板のエルクヘアカディス。 以来#14のみをベンチ入りさせてきたんですが、ずーっと登用機会ゼロという実績。 多くのフライフィッシャーにとって定番であるエルクヘアカディスが僕にとっては利用用途に苦しむ難しいフライパターンになっています。 ずーっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドライフライを再編成(18シーズンに向けて)

18シーズンに向けて。 ノーハックルは例年通りの編成とし、既にタイイングを終了しています。 一方ハックルフライについては多少変えます。 まずパラダン。 今まではライトケイヒル、ブルーダン、ブラウンでそれぞれ一コマずつ用意していましたが、実際はそれほど消費しません。 一コマに集約することにしました。 これにより#13、#1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本物とは明らかに違うボディーの効果

小さいフライでのダビングボディー効果についての話です。 #17~#15くらいのフライ。 マダラの小型種のイミテーションを厳密に行うのであればボディーは細い方が望ましいと思います。 恐らくスレッドボディーかストリップドピーコックのようなボリューム感のないマテリアルが正しい選択でしょう。 ということで、このサイズのメイフライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来シーズン向けのCDCダンが揃いました

前回、残り3という寸止めで終わらせざるを得なかったCDCダンのタイイング。 今朝はタイイングの時間をしっかり確保しました。 いやいや、残り3ですからそれほど意識して時間確保ってほどでもないのですが・・・ CDCマラードは良いものをたっぷりと。 もう残り3なんですからケチっても意味がない。 実はテールの素材となるムー…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

そんな寸止めでタイイングを終えるのか?

昨日よりお伝えしていた通り、この週末は忙しいのです。 この通りCDCダンのタイイングは残りこのスペースを埋めるのみ。 残りわずかに6。 これは今日で終わるでしょう。 が、わずかに3という進捗(ToT)/~~~ いや、これですね。 タイイングしただけでも偉いくらいタイトなスケジュールなんですよ。 ブログ記事を書く…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

タイイングブルーから脱却しました

週末がきました。 この週末は忙しい。 朝しかタイイングができません。 よりタイイングのモチベーションを高めるもの。 それは良質なマテリアル。 ふんだんに使います。 朝はコーヒーとともに。 ただのインスタントコーヒーですが、最近の朝が冷え込んでいますのでしみわたりました。 なんだかんだで6本タイイングし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

だんだんバテてきた

最近ちょっと忙しい。 いやいや、仕事ではなくて個人的にやらなければならないことで。 夏の旅行から10月末にかけてデップリ太ってしまった。 プラス3キロ。 これをどうにかすべしということで今ダイエットをしているわけなのですが・・・ 最近はダイエットというと続かないので体作りと称するのがよいらしい。 ダイエットと言うと直感的…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

1日平均の生産ロット

6本30分が最近のアベレージであり、目指したいところ。 でも今回は6本40分かかっちゃったな。 ちょっとまだダビングボディー製作に慣れていないか(-"-) まあ、ペースはこれから上がってくるでしょう。 順調であれば、あと3日で完了するはず。 にほんブログ村ランキングに参加中 にほんブログ村 よろしければクリック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メイフライのダビングボディーのカラーと言えば

今回からフックサイズが#15となります。 針が大きくなるとその分タイイングは楽になるかというと意外とそうでもありません。 技術的には確かに神経質になるところが少なくなります。 その分気は楽になるのですが、今回のフェーズ移行はダビングという工程が増えます。 1本巻くのに要する時間が多くなっちゃうんですよね。 信頼のカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいスレッドはもう買ってあるんです

前回のタイイングでブラウンスレッドがなくなりました。 用意がいいものです。 すでに新しいのを購入していました。 買ったのはいつだったけな? 調べたら今年の1月だった。 500円かぁ。 こういうのも着々と値上がっていますねぇ。 とはいえこのスレッドがなくなるのは数年先。 まだまだコスパの良いマテリアルであること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スレッドを使い切るまで巻くべし( `ー´)ノ

スレッド切れの恐怖と背中合わせのタイイングとなりました。 ブチっと切れる恐怖ではありません。 リールのスレッドがなくなるスレッド切れの方です。 このフライボックスのCDCダン#17の予定量は前回完了しました。 次はこっちのフライボックス。 まるまる空いているこの1列に#17をストックします。 4本巻いてみまし…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

フライ1本でスレッドをどれだけ使うの?

あとわずかになってきました。 そもそもフライ1本のスレッド量なんて考えたこともないから、こっからあとどれくらいフライが巻けるのかなんて見当もつかない。 いけるところまでいってみよう。 本日のロットは5本。 見た感じはとっても危なっかしいのですが、意外としっかりしています。 スポッとリールが落っこちるなんてことは今の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

TMC112Y#17CDCダンのボディーをどうするか?

タイトルがめちゃマニアックですね。 フライフィッシャーにしかわからないテーマ。 PVが心配です(^-^; このタイトルの背景を説明しなければならいません。 実は昨シーズンオフにTMC112Y#17のCDCダンのボディーをスレッドボディーとするかダビングボディーとするか決めかねたんです。 その時の決断としては両方巻いて効果測…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

TMC531#18フックの最終ロットです

いよいよCDCダンを収容しているフライボックスの在庫補充です。 このフライボックスは6月最盛期の東北遠征に携帯するものです。 編成は#18、#17、#15。 今日はTMC531#18のCDCダンのタイイングです。 このフックはすでに廃盤です。 そして、僕のストックもあとわずかとなっています。 7本タイイングしまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ミッジでのシャックテールの工夫

ミッジは小さいんです。 (当たり前だ) だから現場で細かいドレッシングなんかできないんです。 このスティルボーンミッジにはHi-vizのシャックをテールとして付けるわけです。 カーブフック。 ボディーの一部を水面下に沈めることを意図しています。 するとシャックにシンクなどのドレッシングを施しておかないとフライの姿勢が安定…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スティルボーンミッジ#18

久しぶりに紹介するパターンとなると思います。 スティルボーンミッジ#18 シンセ素材をシャックとして表現したフライ。 元々神流川で好んで捕食されるシャックをどうにかできないかと思い悩んで開発したフライです。 2009年のオフのリリース。 結果論としては通用しませんでした。 ところがこのシャックテール。 浮力獲得…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more